気絶するほど悩ましい

気絶するほど悩ましい

f:id:rockmanlife123:20171124135456j:plain

スタバにいるとさ、

なんていうの?

こう、世界の全てを手に入れたかのような優雅さなんだよ


はぁため息出ちゃうわ

気絶するほど悩ましい〜

あいらぶスタバ


今はレジにてかなり迷いつつの

普通のティー、パッション

というものを飲んでいる

目が覚めるような味と見た目だ!

これにして良かった〜

はぁ〜しあわせ〜


足なんか組んじゃったりしてね笑


長くもないのにね笑


全てが絵になるスタバだからこそ盛大な勘違いが成立しちゃうのだ!

足なんか組んじゃたりしちゃうのだ!笑




優雅さを満喫でござる



ねーもしかしてさ?

ゴールドロジャーが言ってた

探せ、この世の全てをここに置いてきたって



ワンピースって


スタバのことなんじゃね?



もしかしてさ、

麦わら海賊団が探しているワンピースという宝って


つまりスタバなんじゃね?



世界の全てをここ、スタバに置いてきたんじゃね?


これワンピースなんじゃね?


ほら、スタバのロゴの女神もなんか海賊の神っぽいじゃん?



あ、オレもしかして気づいちゃったんじゃない?

世界の秘密に


みんなが隠していた秘密に



だからみんなもスタバでMac広げちゃおうぜ!


足組んじゃおうぜ!


今年の冬は

こたつでみかんならぬ

スタバでMacで決まり!!




おわりっ

お肌の大敵は、紫外線なんかより、多分ストレス

 

お肌の大敵は、紫外線なんかより、多分ストレスなんじゃないかな。

 

 

もちろん俺にだってストレスはあるけどさ、

「自分でコントロールできないものは悩まない」

「悩んで解決できるものは悩むけど、悩んだって解決できそうにもないものは、基本放置か、できる人にお願いするw」

「人生最大のストレスは、自分で自分の人生のハンドルを握れないことだ。自分の人生のハンドルは自分で握る。」

の3原則を知っていれば、まぁストレスフリーになるんじゃないかな。

 

 

あと、問題をどうやったら笑いに転換できるかってのも大事でさ。

ちょっと視点を変えると、問題だって思っていたことも笑いに変わるんだよね。

笑うって地球上で人間しかできない、ものすごい高度なものでさ。

問題に怒ったりするのは、人間以外の生物でもできるじゃん。

これを笑いにできるのは、人間だけだもんなー

 

 

 

結局世界は幻想で出来ている
 
人はそれぞれ信じてる幻想を持っていて
それを世界で発見しリアルだと体感し満足し納得したいん
 
美しいという幻想を持っている人は
世界は美しいと言うリアルを体験し納得する
酷いという幻想を持っている人は
世界は醜いと言うリアルを体験し納得する
 
そしてそれぞれの世界観を現実なんだと証明したくなる
 
同じ世界を見ても
人それぞれ違う捉え方をするのは
そーゆーことなんだな
 
だからどんな幻想を信じ
信じてるものを世界に映し出したいかで
現実が変わってくるんだな

 

 

 

つまり
・本当にやりたいことだけやる。
・無理したり、背伸びしたりしない。
・できないことはやらない。
この自分でいいんだって心から受け入れる。
この4拍子が揃うと、人生はちゃんと流れるように展開していくってこと。
そしてそのままの自分で行こう♪って決めて楽に生き始めると、それが家族にも波及していく。家族のことも、どんな状態であれ、この人もこの人で完全なんだって認めると、その人たちが収まる場所にちゃんと収まり、問題に見えるような状況も自然ン解消していくということ

 

 

取材を重ねていくと

カワイイのにモテない人には二つの共通点があることに気づきました。

 

それは、自分の名前と、お父さんが嫌いだということです。これはおもしろいくらいに共通していました。

なんでなんだろう。。。

しばらくはその理由がわからなかったのですが、次第に見えてきました。

 

自分の名前が嫌いだという人の多くは、親を受け入れていませんでした。

そして、それは結局自分を受け入れていないということにつながっていたのです。

 

自分を受け入れていないのだから、他人のことはもっと受け入れられない。だから恋愛が長続きしない。自分を好きじゃないわかだから、自信がない。

 

一方、かっこよくないのにモテる男性たちはみんな、自分の名前が好きだと言っていました。

 自分をもっとも象徴しているのが名前です。ですから、逆を言えば、名前を好きになることで、自分を受け入れることができるようになるのです。

 

 

名前は大事です。仕事がうまくいっている人、幸せに生きている人に「自分の名前、好きですか?」と聞いてみてください。即座にこう答えるはずです。

 

「大好きです!」

 

 

名前を好きになる。名前に誇りを持つ。

そこから自分らしさは出てくるのです。あなたをもっとも象徴しているのが、あなたの名前だからです。名前を大切にすることは、自分を大切にすることです。

 

 

f:id:rockmanlife123:20171117064715j:image

おわり

『朝』 さいこーちく ゲスく生きる

「朝」という漢字をよく見ると、『十月十日』と書いてあります。『十月十日』というと、受精卵であった私たちが、お母さんのおなかの中で生まれてくる準備をする期間です。実は、私たちは生まれてきてからも、『朝』が来るたびに生まれ変わっているのかもしれません。どんな苦しい夜でも、次の朝に起きたとき、また一日がんばれるように・・・

f:id:rockmanlife123:20171115085849j:image

生きてるってことを真剣に捉え始めたよ
今までももちろん真剣やったけどさ
改めて、自分の人生を真剣に捉えている。もうすぐ終わる27歳の地点にて。
改めて頑張っていきたい。


自分で持たない所有しない
今持ってる人に借りる。それはお金を出してもだ。
スタバにてお茶を飲んだりだ
これからはヒトリだ。ヒトリの道のりが続くなあ。孤独を共に、歌を歌っていくしかないんだろーなあ
ヒトリ往く、心細いな
今は弱気になろう。思う存分。ヒトリは怖いね。誰も何も言わないさ。でもソレを選んだのは自分。行くしかないね。ビビりながら頑張ろう。仕方ないよ。
もう答えは出ているんだよ。だからあとは一歩を踏み出すだけさ。
正解はないこの世界だから
自分で答えを出さないといけないんだよ。それって怖い。でもやり甲斐もあるってもんだろ?


感じたまま動き出せばいい
特別なものはいらないから
聴き馴染んだフレーズを持ち寄って
あとはこのまま風が吹くのを待てばいい
飛び越えて行こう


あとは魂を具現化させるだけだなあ
ちょっとゆっくりと休みながらやっていこう。時間をたっぷりかけて

 

あーでも今日なんか変わったんだよな。新しい感覚になったよな
パフォーマンスを意識したよな、とても素直に。
やるぞって気持ちが自然に湧いてきたよ。
勇気が大事だよ。


誰かに笑われたり呆れられたりしてると思うから焦るんだよ

大丈夫誰もそんなにあなたのことばかりは考えてないからね

イージーカム、イージーゴーだよ♪


失敗は人生に付き物、恥をかく事は当たり前にあると思われよ、恥をかく事を極端に恐れるな。

あとは心配症からの脱却!何ともならん時は何ともならんから、悩んだり心配し過ぎるだけ無駄。

 

生まれ持った性格や考え方の傾向も結構あると思う。

どの性格も一長一短だから、他人をうらやんだり、自分ではない他人になろうとするのを止めた方がいいと思う。

 

何か問題あると、初めはめちゃくちゃネガティブに思い悩むんだけど、考えつくあらゆる可能性やパターンを思い浮かべて、こうなったらこうしよう…と自分が納得するまで妄想し尽くすと、唐突に
なんとかなるわ!
って思える。私の場合こんな感じです。

 

 

整理というのは
必要なものだけを持って
使いたいときに取り出しやすいように保管することである。

自分は自分の興味があるところ、能力を最大限に発揮できるところに専念し、残りは専門家にゆだねることが大事


条件で選ぶと痛い目合うよ

 
「安定に身を置くと心が不安定になるよ、
逆に不安定に身を置くと心が安定するよ

 

 

 

ミュージック&ブックス

つまり楽しく
出発点は楽しさ。そしてゴールも楽しさ。
自分のことを
大好きだ
もっと楽しくなってもいい
ラクして夢を叶えていあ
と思っていると、人生もだんだんとそうなっていきます。

セルフイメージを高めて夢を叶えるときに、とても大切なことが
あるにフォーカスする
ということ

f:id:rockmanlife123:20171115140712j:image
夢が叶わないときって、現実に持っているもの、満たされているもの
あるものを意識してないときなんです。渇望感とか欠乏感に支配されているんです。
すると、ない前提で世界が作られてしまいます。

 

自分で自分に対する扱い、つまりセルフイメージが、社会が自分に対する扱いとストレートに連動するからです。

夢中になると幸せがスパークする、本心が分かればそれをやっちゃおうぜ!ということ
はしゃいだ気持ちになれるものが、自分にとって本当にやりたいこと。


自分にOKを出すと不思議な力学がスタートする。
最低な自分、最高!でうまくいく。
社会からちゃんと認められたいなら、自分のこともちゃんと自分で認めないとダメですよ


どんな自分でも、同じ方向を向いて寄り添ってくれる、もう一人の自分像を作ってしまうと、否定するくせから抜けられます、

 

最初から頑張らない。
頑張らなくても、自分はすごいと決めてしまえ!

これは理屈じゃないんだよ
ダメな自分を最高にするの。そういうことに決めるの。そしたら豊かなものが向こうからどんどんやってくるんだよ

f:id:rockmanlife123:20171115155359j:image
人は頑張って努力を積み重ねたものを認めてもらおうとするよね。でも積み重ねたものは崩れるから、崩れたときに自分を認める根拠もなくなってしまうんだよ。
じゃあ、どうするのかというと、ダメな自分を最高!
ということに決めてしまうんだよ
そのままの自分を最高!と決めてしまえば、絶対に崩れないよ

 

人は長所で尊敬され、短所で愛される

 

貧乏な人ほど自分に塩対応をする
周りの人たちや社会に対して厳しい人っていますよね。実はそういう人って自分をねぎらっていないだけなんですよ
自分をねぎらうと周りもねぎらうようになるので、人から好かれます。するとそれが自分にも返ってきて、セルフイメージが高まり、夢が叶いやすい体質になれるんです。

 f:id:rockmanlife123:20171115155407j:image

ささいなことでも自分をほめるくせをつける

どうやって自分をねぎらうか?
それは
どんなにささいなことでも、とにかく自分をほめてやることです。すごいことではなくて、なるべくささいなことをほめる。

人生上手くいってるというか 上手くいかない人生なんて私は歩まないと思って生きてるwww 気持ちの持ちようじゃない?笑

f:id:rockmanlife123:20171114214808j:plain

最初から妄想通りの完璧を作ろうとするんじゃねー。足りないくらいでちょうどいい。最初はそれでいいんだよ。常に休憩を意識しろ。自分の意識で習慣を曲げることは難しい。無理に新しいことを押し込んでも、そのしわ寄せが、遅刻やトラブルにつながる。運動や新しいことが望ましい。

素直に量をこなし頭を鍛え、実力をつけろ。

だからこそ全ての行動において「減らし」もったいなくても捨てることで初めて人は考える。より質の高い経験と自分のコントローラーを手に入れる。

 

失敗を怖れて過度に深刻に思い込み、結局なにもできないような人生は、それ自体が最大の失敗なんだ。失敗しても構わない。これぐらいなら死にはしない。恥ずかしいけど。

 

うまくいくかどうか程度の悩みでしかないことなら悩んでないでさっさとやってしまえばいいのだ。

 

 

できないことができるようになった喜びやほんの少しでも成長した喜びを大切にしていけばすごい人を見てもへこたれないどころか、むしろ自分の力にしていけるメンタルが身に付くのではないでしょうか。

それを一つ一つ達成していくことで、着実に成長することができるんです。

 

 

 

人生とは自分との心理戦である。

ふと思い立ってやってみたくなることを「そんなことをやって何になるの」などと考えずに行動してみましょうよ。日常生活の中でやらねばならないことを、投げやりではなく、一つずつ丁寧にやっていきましょう。

手間をかける事柄が多いほど、彩りのある、深みのある人生に繋がっていきます。自分の人生にも、生き方にももう一度一手間かけてみませんか?

行きたいけど行けないと思っているところ。それがあなたの行くべきところなのかもしれませんね。

 

 

自分の価値を信じるなら迷わず進め。決して失敗を恐れるな。人を指差し、自分の弱さをそいつらのせいにするな。単に年齢をいいわけに使う奴は、いくつになろうとも大したことはできないでしょ。

20代のころの貯金なんて人生の面白さに変換されなかったら死に金。20代に10万でできる経験は30代になると100万払わないとできない。これは繰り返し言っていきたい。

 

 

人の縁を大事にする。人のために何かをすることで良縁を築き上げることができますが、この良縁がヒョンなことで自分にとって良い結果をもたらすことだって十分に有り得るのです。

 

 

とりえとかそんなのは意外とどーでもよくて、自分のポジションそのものが取り柄になるというか、自分が何もできなくても、いいジョイントになればそれで十分意味があるんだなーってことがわかってきた。ので、なにもできない自分を素直に認めて、でもそれって意味がない訳じゃないよなと、ある程度自信をもって、新しい人をつぎつぎと関係が繋がるようになっていって、良い循環になってきて、どんどん状況が変わりはじめていって、それはなんかね、ゲームっぽくて凄く楽しいの。そして人間関係の風通しがいいと、自分の考え方も風通しがよくなるんだよね。なぜか。

 

 

でも、ま、そのうちきっかけがあるでしょ。なんて。この余裕ってすごく大きい。だってみんな余裕がない人より、余裕のある人の方が楽だし、関わりやすいもんね。

 

だからいきなり合コンとか、単発のオフ会とか行って友達ができないーとかいうのは、そら当然なので、別に自分はダメだとか、自分と合う人はどこにもいないんだー、なんて落ち込んだりしなくていいのです。少々引っ込みじあんでも、半年もすれば何かしら変化あるから。

 

自分が何もできなくても気にしない(そのうち何ができるかわかるようになる)。雑談以外の目的をもった場に定期的に集まる。なければ作ろう。場の目的が終わった後に、食事とか飲みとかで語らってみる。新しい人をどんどん放り込んでみる。放り込んでもらう。

 

 

というのを、月一のペースで半年くらいやってみると、最初の頃からは予想もつかない展開になって、けっこう面白いことになるんじゃないかなーと思います。ヒマで退屈している人はやるだけやってみてもいいんじゃないかしら。転がり出すとおもしろいよ。そんなに難しくないし。

 

 

 

24で鬱発症。それを機に会社を辞め実家に戻る。通院しながらもなんとかバイトをして働いてたが、26で完全なひきこもりに。それから26から28まで丸丸ヒッキーとなる。 

 

28で克服したのはもう自分で自分を許そうと思ったから。 

子供のころから対人恐怖症でいじめられっ子だった。親兄妹教師にそれを伝えたら教師や生徒から倍返しで攻撃された。 

 

「いじめられる方にも問題がある」「被害妄想が激しい。だからいじめられる」「いつもこう。だから嫌われる」等々・・。 

親兄妹ですら「お前の考えすぎじゃないのか?」「自分にも原因はないのか?」と責めてきた。 

もう四面楚歌で、ここまで周りに責められるといじめられる自分が悪い。自分が駄目なんだ。と、自分で自分を責め立てる。自分の存在全てが悪だ。生まれてきてすみません。どうして周りが当たり前にこなす人間関係が自分はできない?それは自分が駄目人間だから。 

 

毎日毎日自分を責めて、とうとう1歩も外へ出れなくなった。 

そうこうしてるうちにひきこもることに飽きてきた。 

そしてひとつの結論に達した。 

 

周りは四面楚歌。誰も自分の味方なぞいない。みんな上から目線で責め立てる。 

そんな奴らの為に自分が損して苦しむのって馬鹿じゃね? 

 

それに気づいたら楽になった。誰のためでもない。自分の為に生きろよ。 

人に相談してもなんの意味もない。人は好き勝手しか言わない。だって人事(ひとごと)だもの。 

そんな他人の言葉に振り回されるのって馬鹿じゃね?意味なくね? 

 

それに気づいたら克服できた。 

 

自分のありたい姿をひたすら考え、理想に近づけるようにがんばる。そしたら、いろいろ起こるけど、自分が選んだ道を踏みしめて来た感が、成功だなって思う。

 

f:id:rockmanlife123:20171114211242j:plain

ひたすら書きつづけるしかないのだろうな。これにも終わりはなくて、ずっと途中のプロセスだけがある。だからそのプロセスを楽しんでいこうぜ。それだけなんだぜ。この世は通過するだけのもの。だからあんまり気張る必要はないよっと。

 

 

一人に向けて書く。

こー書いたら、違うしなぁとか考えなくていいよ

大事なひとのために書き続ければよかったのだ。

 

人生のステージが変わるときは

やっぱり「出会い」ですよ。出会い。

つき合う人によって人生は変わっていく。

人だったり、才能、だったり商品だったり。

 

なんの出会いが人生を変えた?

それは

「違和感」との出会いだったな。

今まで自分が満足できていたり、楽しめていたのに、

「なんか・・・違うんだよな」という違和感が生まれてくる。

で、それに最初は戸惑ってしまうと思うんだけど、それってめっちゃ鬼クソ大事なんだ

 

その違和感こそが

人生のステージを変えてくれるサインだからだ。

 

 

自分の人生が変わった時に、今までやっていた方法では上手くいかないんだよね。

 なんかガラッと変わった時ってルールが変わってしまったかのように何をやってもなんか違う感じになるんだよね。いままでのやり方では通用しない感じになる。

 

そういう時にどうすればいいのかというと・・・

 

自分の感覚を信じる。自分の中の違和感を信じるということだ。今までの自分とは違うけど、今の自分が思うやり方で思いきってやってみてほしい。最初はめっちゃ怖いと思う。

 

でも

 

違和感を感じてしまっている、ステージが上がっちゃったあなたなら、多分、それであっていると思うから。

 

自分の感性とか自分の感覚に沿った行動をとってみることが大事になります。 

 

いままでとは全く違うステージがはじまりますよ!

 

船井幸雄さんから教わった「人に伝えること」を仕事にしている人に大切な要素とは?

 

・・・それは

 

前から知っていることを、あたかも昨日気がついたかのようにいつでも喋れること。

十年、二十年前から知っているようなことでも、公園とかで、昨日気がついたかのように新鮮に話せることが非常に大事なんだよ

 

自分的に飽きてきているから、

自分にはもう知っているからとか、

話すテンションが下がってしまうのが普通だと思うんですけど、

 

そうではなくて、

前から知っていることでも、昨日、または今気がついたかのように言えるようになれば、

 

人にとっても伝わりやすくなります。

鮮度が命なのです。

こういうことができるようになると、もっと仕事の幅が広がるようになるかもしれません!

 

 

 

⬇️堀江貴文さんの言葉

個人というのは実は強いんです。それはもう、ベトナム戦争のベトコンの時代から明らかになっていたんじゃないかと思うんでよ。覚悟を決めた個人は国家よりも強い。それが今は科学技術の発展と情報の流通によってさらに強固なものになっている。

 

 

好きなことをしていれば、人は幸せでいられる。

本当に大切なのは、好きなことで生きていくことだ。好きなことをしていれば、人は幸せでいられる。私の知っている"好きなこと/楽しめることに邁進している人"も、みんな一様に幸せそうな生活を過ごしている。

 

 夢を叶える人間は一握りだと、挑戦することを最初から諦めてしまっていはいけない。現代は技術革新により旧態依然とした成功とは違う形の成功が誕生し、それに伴い新しい働き方が増え続けている。

 

 粘るよりスパッと諦める

多くの人は粘り強く、コツコツと努力することが好きだ。粘り強くやっていれば、いつかはうまくいくなどと考えるのだろうが、実際はそんなことはない。

 ダラダラと続けていても、成功の確率は低いままだ。むしろスパッと諦めて、新しいことに力を尽くしたほうが成功の確率が高まる。

 

何も持たないあなたは最強

そもそもあなたはリスクを恐れるほど、何かを持っているの?ないでしょ。持たざる者が何を怖がる必要があるのだ。

 

 

すべては「ノリの良さ」からはじまる

僕はこの「チャンスに飛びつく力」のことを、向上心とか目的意識とか、そんな堅苦しい言葉で語りたくはない。もっとシンプルな、人としての「ノリの良さ」だと思っている。フットワークの軽さ、好奇心の強さ、そしてリスク承知で飛び込んでいける小さな勇気。それらの総称が「ノリの良さ」だ。

 

 

そして小さなチャレンジとは、「ノリの良さ」から生まれる。ノリの悪い人は、人生の波にも乗れない。もちろん地肉となるような経験も得られず。自信にもつながっていかない。

 シンプルに考えればいい。すべては「ノリの良さ」からはじまるのだ。

 

 

安定を保つのは難しいと心得る

物事というのは、安定している状態を保つことが一番難しい。たとえば、コップの中の氷は、いつかは溶ける。固形の氷の状態にとどめておけず、その形を残しておくためには、冷凍庫に入れるしかない。つまり、同じ状態をとどめるためには、ものすごくエネルギーが必要だということだ。

人生も同じで、普段からそう考えているべきなのである。

 

 

今までやったことのないことをするのはバンジージャンプと同じ。

バンジージャンプをするのに、特別な能力など何一つ必要ない。ロープを巻いて、ただ飛び降りるだけだ。それなのに、恐怖で泣き出してしまう。

過去のトラウマだかプライドだか知らないが、せっかくのチャンスを前に尻込みするなんて、理解できない。

 

 

バランスを維持したまま、新しいことなどできるわけがない。

現状を変えることなく、物事のいいとこどりをしようというのは不可能というものだ。心躍る体験を味わおうとすれば、そのために費やす時間も必要になるし、失敗のリスクもある。物事はすべてトレードオフであり、例外はない。

 

 

考えすぎてしまう人間は、いつもチャンスを逃す

 せっかく知り合いになった彼/彼女を誘うにも、身構えてしまう。「食事に誘ったら図々しいと思われないか」「キモいと思われたら、どうしよう」。なんとかメッセージを送って誘ってみても、まだまだ悩む。相手が人気者だったり忙しかったりすれば、返事が来なかったり断られることもあるだろうが、

「返事が来ないのは、嫌われているからでは」と、延々と悩み続ける。

 しかし、ここで「彼/彼女にうざがられているんじゃないか」「嫌われているんじゃないか」と思ったら、その時点で負けだ。たいていの場合は、たんに相手のスケジュールが埋まっているだけだったりする。もちろんストーカーのように粘着し続けるのは論外だが、ちょっと食事に誘ったくらいで、普通の人間はそこまで気分を害したりしないものだ。いちいち悩んだりしないで、手を替え品を替え、相手が喜ぶようなことを考えて誘ってみればいい。それでもダメなら、縁がなかったということ。さっさと次に行くだけ。

 

 

普通とは違うことを、あえてやってみる。

成功者とされる一流の経営者の中には、意外と「今日、オレ歩いて帰るから」と言う人が多い。多少効率が悪くても、いつもと違う時間を使えば、入ってくる情報の質が変わり、良質な刺激を得られることを彼らはわかっているんだ。普通とは違うことを、あえてやってみる。

これは仕事でもなんでも、突破していくためには重要だ。

 

 

経験は、貯金よりもはるかに役に立つ

 新しいことに次々チャレンジして、経験を積んでいこう。そうすれば得体の知れない恐怖心や批判に対する、耐性ができてくる。

経験こそが、社会人の最強アイテムだ。資格や貯金なんかより、はるかに役に立つ。「人からどう思われたって、別に大したことじゃないよね」という耐性を持った人は、どこに行っても強い。ハートの強さというか、わが道を平気で進める耐性は、経験がつけてくれるのだ。

 

 

点をつなぎ合わせて線にしていく

 興味の赴くままに好きなことにハマると、それが後から思いがけないものにつながるものだし。ハマっているときは、その知識がいずれ何かの役に立つとかは考えないし、そもそも将来を見据えて事前に何かにハマるなんてことは難しい。だから、興味があることにハマりまくって、後からその点をつなぎ合わせて線にしていくだけなんだよね。

 

 

過ぎ去ったものに価値はない

 人はなくなったものばかり意識してしまいがちだ。しかしなくなったものは、所詮は過去。過ぎ去ったものに価値はないし、取り戻すこともできない。時価換算上では価値ゼロだ。

今あるもの、使えるものが価値のすべて。失われた過去に、とらわれてはいけない。ここにある、その瞬間だけが価値なのだ。

 

 

打席に出ることが大事

 失敗をしないために打席数を少なくして打率を上げるのではなくて、打率は低いけれど打席に多く立っていたほうが絶対にいい。

 

 

何も考えず、遊び尽くせ

多くの人は、ビジネスチャンスにつながる前に、好きなことをやめてしまう。親に止められたり、受験勉強に追われたり、理由はあるのかもしれないが、そんなもの気にしないで、やり尽くせばいいのにと思う。

一方、儲けられるかもしれないと思って、遊びはじめても意味はない。まず長続きしない。

徹底的に、好きなことを好きなだけ、何も考えず、遊び尽くすことだ。そうすれば、遊びの向こうにある、新しい何かを見つけられる。

 

 

経験とは、時間が与えてくれるものではない。

だらだらと無駄な時間を過ごしたところで、なんの経験も得られない。何かを待つのではなく、自らが小さな勇気を振り絞り、自らの意思で一歩前に踏み出すこと。経験とは、経過した時間ではなく、自らが足を踏み出した歩数によってカウントされていくのである。

 

 

 

貯金がないと不安なのは、自分に自信がないから

「貯金がないと不安だ」と思う人は多い。

なぜ不安なのか?

僕の答えは一つ。自分に自信がないからだ。

自信がないから将来の自分が不安になる。その不安を、貯金で穴埋めしよとする。根底にあるのは、金さえあればどうにかなる、というお金への妄信だ。

 もしも自分に自信をもっていたら、手元のお金は広い意味での「投資」に回すだろう。たとえば毎月三万円を貯金する人と、毎月三万円をなんらかの自己投資に充てている人と、どちらの将来に可能性を感じるかといえば、後者だ。

貯金に励み、我が子や教え子たちにまで貯金を推奨する人たちは、面倒なことを考えたくないだけなのである。

 

 

 

孤独と正面から向き合う

 孤独だから、寂しいからといって、他者やアルコールに救いを求めていたら、一生誰かに依存し続けることになる。この孤独は、僕が自分の責任で引き受けなければならないものなのだ。

 今、なかなか一歩を踏み出せずにいる人は、孤独や寂しさへの耐性が足りないのではないだろうか。少しでも寂しくなったら、すぐに誰かを頼る。孤独を感じたら、誰かに泣きつく。そんなことでは、いつまでたっても自立することはできず、自分の頭で決断を下すこともできない。

 

 

水が低きに流れるように自然に身を任せる

 僕が生きていくうえでの一つの信条のようなものだ。

 大切だと思っているのは二つだけ。力を抜いて流れに身を任せること。そして目の前のことにひたすら熱中すること。そうしていれば人は、いつの間にか、自分が在るべき場所にたどり着くことになる。

 

 

プライドから得られるものはほとんどない

 「失敗してバカだと思われたらどうしよう」「思ったことを口にして、相手から反撃されたらどうしよう」。そんなことばかり心配して、「プライド」という名の壁を自分の周りに高く築き、その中に引きこもることで、弱い自分を守ろうとする。

 言っておくが、そうしていても得られるものはほとんどない。

 

 

 

地面の下からでも壁は突破できる

 元の妻子と会える機会を蹴ってみたり、たまに届くかわいい女の子からの誘いのメールにも一切応じず、わざと自分を孤独に追い込んだ。

 孤独に耐えて、ひたすら耐えて___。

 すると奇跡のように、苦しい心を突破できたのだ。

人生を下がって、どん底のさらに下まで、落下し続けると何かが見える。突き抜けるのは、何も上だけではないのだ。壁を突破するのは、地面の下からでも可能なのだ。

 

 

世界の広さを知れば自殺はバカバカしくなる

 たとえば、イジメを苦に自殺してしまう中高生がいる。結局それは、世界が家庭と教室の中にしかないからなのだ。そこで「世界ってもっと広いんだ」と考えられたら、全然違ってくるだろう。そこを見ることができないのは教育の問題でもあるし、やっぱりかわいそうに感じてしまう。彼らに、もっと広い世界があることを教えてあげれば、死ぬことはバカバカしいことだと思えるようになるはずだ。

 

 

ピンチを平然と受け入れろ

 ピンチなんてものは言ってみれば、川の流れに身を任せていたら、滝があってそこに落ちていっているようなものだ。滝から落ちている最中に、「どうしよう」と考えても何の手の施しようがない。ただ、そのまま落ちていくしかない。落ちるとこまで落ちていけば、後のことはどうにかなる。

 結局は、そうしたピンチのときに狼狽しないことが大切で、「これは当たり前なんだ」と思えるかどうか。安定している状態こそ、不自然だと思わないといけない。

 

 

人生一度きりしかないんだから、もっといろいろなことをやろうと思うんですよ。一つの組織に何十年も勤める画一的な生き方が、ぼくは正しいとは思えない。何かいびつな感じがして、やっぱ多様な視点をもってこそ人間だと思うので。

 

 

 

恐怖の大半は情報不足から来る

 情報を持たなければ、人は恐怖にかられる。人間の恐怖の大半は、情報不足が原因だ。新しい情報を獲得し続ければ、不安や恐怖は克服できる。会社の行く末も、老後も、怖くない。

 これから先の事態を怖がっているのは、情報弱者である証拠だ。

 今すぐ情報のコックを最大限にひねって、頭から情報のシャワーを浴びてほしい。そうすれば、身体にまとわりついた、不安や恐怖は洗い流されていくだろう。

 

のっそのっそ、行こうか   (か)

f:id:rockmanlife123:20171113162418j:plain

ニャーーーーー!!!!怒
 
 
ちょっと、イメージしてください。
 
 
頭のおめでたい奴だと言われる人と、
 
人をめでたい奴だ、あんな風にはなりたくないと、
 
言っている人、どちらが幸せ者だと思いますか???
 
私は、全力でおめでたい奴でいたいです!
 
気難しいことは考えない、
 
常識とか世間体の空気を読まない、
 
楽観的な自由人というイメージだから。
 
まぁ、人のことをめでたい奴だ、
 
あんな風になりたくないと
 
本人を目の前にして言えないようなことを
 
言いたくないのですが、
 
と、その前にどんな人を見ても、
 
めでたい奴=何だか人生楽しそうだなぁ、ええなぁ
 
と、ほのぼのして見ていられます。
 
人のことをめでたい奴だという人も、
 
実は、常識や世間体という鎖を
 
自分自身で巻いてしまって
 
がんじがらめになっていて、
 
 
人は、一日に6万回思考していますが、
 
その中で問題点や身の回りについての批判、不満、
 
将来についての不安、心配、
 
自己卑下、嫌悪など悲観的なことを
 
あなたは、どれくらいの割合で考えたり、
 
話していますか?
 
世界一の幸せ者は、そのような悲観的なことを
 
言ったり考えたり、
 
どれくらいの時間費やしているでしょうか?
 
何を考えれば、何を口にすればいいのか、
 
何が自分にとって最も生産性のある
 
有意義な時間の使い方か
 
言わずもがなですね。
 
イメージは、スーパーポジティブな
 
ヒロイン、ヒーローでお願いします。

 

おめでたくて結構なのです!

 

 

今日も一生懸命生きている。

 

それだけで100点。

 

だからのっそ、のっそと歩んで行けばいい。早さなんてなんにもいらないよ。

気楽にいこうぜ、行けば分かるさ。

 

 

今の世の中、右を見ても左を見ても忙しい人ばかりですね。

「お忙しいですか?」はあいさつの常套句ですし、「忙しい」と返答すると「それはよかった」と言われてます。つまり、一般的には「忙しいのはいいこと」とされているのです。

でも、本当に「忙しいのは良いこと」なのでしょうか?

「忙しい」といっても、その忙しさが問題です。仕事の段取りが悪く、予定をなかなか立てることができないでいるとか、整理の仕方が悪いために必要な資料がなかなか見つからず、探し物ばかりしているとか。もし、そんな忙しさであるならば、なんの生産にもつながっていない、無駄な時間でしかありません。

 

日本の働き盛りの男性たちは、みな一様に忙しく、それをなんとかしたいと口では言いながらも、どこか「忙しい自分」を自慢しています。

 

そして、忙しい自分はそれだけの「価値があるんだ」「重要な人物なんだ」と、「忙しいことに酔っている」節もあることは否定できません。

 

 世の中の人々の忙しさが解消されないのは、誰しも「忙しくない生活にしよう」と本気で考えていないからではないでしょうか?

 

「仕事、仕事」で疲れきっていながら、「じゃあ、仕事以外のことで何がやりたいんですか?」と聞かれて、すぐに答えられない人はとても多いと思います。もし仕事以外にやりたいことがあるのなら、きっと仕事をテキパキと終わらせて、やりたいことのために時間を確保しようとするはずです。

 

ただ漠然と忙しさに甘んじているということは、忙しい生活をよしとする風潮に流されているか、または忙しいことが好きな人が多い証拠なのかもしれませんね。

 

私たちが一日の大半を過ごす職場での生活は大切ですが、「仕事以外の世界もある」ということを忘れている人があまりにも多いと思います。仕事と仕事以外のこと、どちらがより大事とかではなくて、

あえて言えば「どちらも大事」なのです。

両方が充実することによって、お互いの時間を刺激しあい、いずれもあなたの人生を豊にするものなのです。

 

仕事だけに埋没することなく、充実した人生を送るためには、仕事をテキパキ終わらせ、仕事以外の時間を確保する必要があります。そうすることで、仕事自体もより充実してくるのだと思います。

 

 

行動の原則は「好き」か「嫌いか」

こんなことを言うと「大人として、社会人としてどうか」という意見が飛んできそうですが、私は「好きか、嫌いか」で行動を決めています。

 

 例えば、誰かに誘われたときや、何かに出席しようか迷ったときは、それが「好きか・嫌いか」で決めるのです。直感で決めましょう。なんとなく行きたくなければ行かなくてけっこうなんです。

 

 その直感が正しいかどうかは分かりませんが、があることには自然に出会えると、最近は思うようになりました。

 

人生は選択の連続です。何が正しい選択かわからないし、そもそも正しい、間違っていると判断するようなものはないのかもしれません。そして、どちらを選べばいいか考えて込んでみても、直感以上の判断基準になる情報がない場合は、考える時間がもったいないと思うのです。

 

 自分にはどうしようもないこと、迷っていても結論が出ないことには、しなやかに身を任せる方が良いことがあります。

 そして、決めた方向に従って、まずは行動してみるのです。

 

「なんか違うな?」

 

そう思ったら、方向を変えてみる。これは失敗でもなんでもありません。

常に最善の選択をしているのですから

 

 

一時間に一回は積極的にサボる!ww

朝から晩まで働くことはできない。

時間を効率的に使う、集中するといっても、朝から晩まで働き続けることはできません。

 

仕事する際、かかる時間を見積もって、その時間を意識しながら集中力を高めるいいですが、私が集中力が続くのはせいぜい1時間程度と考えています。人間はロボットじゃないんですから。

 

努力しても状況が改善しないこともあります。それは、自分の行動とは別に、ほかの人がどう行動するかにかかっているようなときです。そんなときはジタバタせず、自分のやるべきことをやって、あとは天に任せるようにしています。

 

このように、憂鬱な原因を明らかにして、それが自分で解決できるかどうかを判断した上で、解決できそうなら努力する、解決できなさそうなら、、ジタバタしないと決めるだけで、迷いがなくなり、気持ちが楽になりますよ。

 

目の前に起こっていることはすべて事実です。正しいも正しくないもありません。あえて言うなら、自分の価値観だけで、正しいとか悪いとかの判断をしないことです。現在の状況を認めることからすべてが始まります。現実を認めた上で、自分はどのように考え、行動したら、毎日を楽しく生きることができるかを工夫するのです。

 

それが出来るようになると素晴らしいと思います。

何が起ころうと、ニコニコして毎日が過ごせるでしょう。それはどんな困難に出くわしても、適切に対応できるだろうと自分を信頼しているから、不安がありません。

自分という運転手が運転する車に乗っていると、どこに行くのかは分かりませんが、まさか崖から落ちたり、ほかの車とぶつかったりはしないだろうと思えることが大事なのです。

 

ところが、現実を受け入れられないとどうでしょうか?

 

今の状態は間違っていると思い続けていると、常に緊張している状態になります。

何かが起こると自分が爆発するのではないかと、自分を信頼できなくなります。

自分でも不安な思いを抱えていますし、周囲にもそう映るでしょう。

いつも緊張していては、心から楽しく過ごすということはできません。

 

 

どんな環境でもうまく対応するにはどうすればいいでしょうか?

人間関係でいうと、うまく対応するというのは、何でもほかの人に合わせるということではありません。そんなことをしていたら、あなた自身は疲れ果ててしまいます。

 

世の中にはいろいろな人がいるということを認めた上で、それぞれの人との付き合い方を決めればいいのです。

 

誰とでも仲良くするというのは不可能ですし、職場ではつきあうけれど、それ以外では付き合いたくないという相手もいるはずです。しかし職場であれ、趣味のサークルであれ、その集まりが目的としていることを達成するのに支障がないようにすれば、仲のいい悪いは関係ありません。仕事が速やかに進むようにしておけば、必ずしもそれ以上に仲良くする必要はないのです。もちろん、職場で自然に仲良くできる人ができればはそれは素晴らしいことですが、過剰に期待せず、たまたまそうなっただけだと割り切ったほうがいいでしょう。

 

今日はこの辺で、、、、

 

 

 

 

 

良くも悪くも時間は無常にも流れ 良いものも悪いものも時は 押し流してくれる だから生きてられる

f:id:rockmanlife123:20171113202136j:image

はい。私です。
答えは簡単!思い通りにいきること。
自分の心で決めて思い通りに生きているから相手にも思いやり、人間関係破滅はしません。
不満を抱えると相手にも不満を強いるようになりますからネガティブを抱えることなく生きましょう。


周りと比べなければ十分幸せだし、成功してると思う。
そりゃあ玉の輿にも乗れていないし、株の運用する程資産家じゃないけど、好きな人と結婚できて新築マンションに住めてもうすぐわが子誕生で正社員の仕事も持ってる。
一時期、お金持ちの友達と自分を比べてしまい、旦那の年収が低い〜とか、ブランドものが持ちたい〜とか思ってたけどバカらしくなってやめた。
ブランド物持って着飾って歩いたところで、楽しくないし。


これは考え方や捉え方の違いが大きいのかもしれないね
私は恐らく第三者からすれば失敗だらけの可哀想な人生。
けれど私自身にとっては本当に大した努力も何もしていないのに今の所大成功な人生を歩んでる
周りのみんなに感謝しかない


成功の定義、人それぞれだよなあ。

お金なのか?
自由な時間なのか?
家族を持つことなのか?
などなど

私は毎日美味しいご飯が食べれて、仕事して、自分がしたいことして、笑ったり泣いたり怒ったり。
生きてることが成功だなあ。

家族にも他人にも迷惑かけなければ
だれに理解されなくても
わかってもらえなくても
自分のしたいことを
楽しんで思い切りやってる人がまぶしく見える
なにより人生を謳歌している人だと思う


今の毎日はずっと続かないんだよね。

最近、十何年可愛がっていたペットを看取った。
早死ではなく老衰で死んだのをみて、なんて命って短いんだろう。と思った。
人間も100年後にはほぼ皆いないし、自分の財力、体力、判断で、なんでも動けるのはそう長くない。
いつかやろうと先延ばししていることは、やっていかないとできなくなると最近思うようになった。
趣味も、やりたいことも、見たいこと、アルバムの整理も。
整理どころか見返す時間も減っていってるんだなと。

人生の中で、仕事が占める割合は大きいですよね。
大事なことだからこそ、休むわけにはいかない。
罪悪感を抱いてしまうのも当然だと思います。
でも、何をするにも身体が資本です。
ギリギリの状態で良い仕事はできません。無理をすることで、より悪い結果を招いてしまうのはよくある話。
だから、自分を雑に扱うのはやめましょう。
心身をうまく働かせるためには余裕が必要です。
自分自身を大切に。


それぞれ悩みの深刻さは違ってもみんな多少の悩みはあると思います。
同じ悩みでも重く感じる人もいれば、『そんなこともあるさ』『もう少し頑張ってみよう』『大変だけどいつか解決できるかもしれない』と思うだけでも少しずつではあっても良い方向に向かうのではないでしょうか。物理的な問題でも精神的な問題でも悪いようにばかり考えたりしていると余計に悩みが深くなり更に悪い方向に向かう気がするので毎日少しずつ前向きに考えて行動してみてはどうでしょうか。


人生よりなんとかなるようにするには、日頃からいろいろなことに首をつっこみ、ひきだしを増やすことが大事だと痛感しております。

当たり前だけど、本当人生って色々。
同じ人生などないって、ここのトピ読んでて改めて思う。
普段生活してたら、なかなか聞けない人の色んな人生の話をここで聞けるだけでも大きな財産よ!


なんとかしようと思って頑張っていれば、なるようになるしなんとかなる。

ぼーっと待ってるだけでなんとかなったってことはない。苦しくても何年後かのことを考えて今頑張る!っていう風にしてきました


ピンチを自分の力で切りひらいてきた人は、男女問わず、なんか精神力が強いしたくましい人が多いように思う。そして、一度でもそういう経験をした人は、いい意味で、先を見て行動してるし、影でひっそり努力している。

「なんとかしないといけない状況なんてこれまでになかった」と語れる人は、よほど人生ラッキーにこれまでこれた人か、それか何も考えてない人 笑

 

f:id:rockmanlife123:20171113202153j:image
周りの意見に振り回されずに
自分にとっての幸せが何かを
ちゃんとわかって
そうなるようにしていけばいいよ


本当にそう思います。

私、当時は、友達と比較ばかりしていて、世間の意見に流されて、いったい自分にとって何が幸せか?・・・もがいて苦しかったです。

ここに挙がってるように、結婚すればなんとかなると思ってプロポーズを受けかけましたが、やめました。だって、その彼と一生いっしょにやっていくほどには好きじゃなかったから。ただ、適齢期だから焦っていただけでした。

その後、その彼氏と別れ、自分の力で転職し、いま本当に好きな相手と結婚できました。

あのとき、周りの雰囲気に流されないで、よかったなと思います。


その時はもう死んじゃおうかな。と思うほど辛いことかありました。でも死ぬのが怖くてできませんでした。だからなんとか毎日必死に生きて、
気づけば今はすごく幸せです。乗り越えたらそれに見合った幸せはいつかくると身をもって思いました。たとえ何十年こなくても必ず耐えた者にはくるのかなっと思いました(^O^)

 

25まで仕事で失敗ばっかりして、人並みの事が全然できなくて生きてる価値がないと思ってた本当死にたかった
仕事辞めてしばらくニートやってた
そのあと全く違う仕事を友達に誘われて始めたら向いてたみたいで今もずっと続けてる
やっと継続できてるっていう自信が持てた
物事には向き不向きがあるって気付けてよかった


中1から不登校、精神科に連れていかれ薬づけ
引きこもりで逃げられない中家族からの継続的な性被害に合い男性恐怖症

だった私も通信制高校→早朝バイト→専門学校→就職→恋愛→結婚→出産→育児中で今のところ幸せに生きてます!
正直努力はめちゃくちゃしたけど、それ以上に人に恵まれて何とか社会復帰できた感じです。
同じ様な人に届くと良いな

 

悩むのをやめた。

悩んでもどうにもならないから


結婚しといた事

変な話、本当に本当に結婚しといた方がいいよ
一生 女ひとりで稼いで暮らして行くのはやっぱりツライよ・・
ダンナがいて人生二人三脚だと、親を失った時も、自分が病気の時も助け合えるし
そんでもって嬉しい時や楽しい時には、喜びが二倍だよ?
何があっても、人生どうにかなるという安心感は大きい!!


私はねー、20歳の時に父が事業に失敗して、20代のほとんどを父の借金返済に費やしていたの。

だけどね、長い人生のうちの、たった数年だしなって思ってね。そんなに悲観的にはならなかったな。父の借金と、私の人生は、全く別の話で、私は私で幸せになるって決めてたし。

今は無事にその期間が終わり、その後出会った人と結婚をし、可愛い子供に恵まれて、幸せに主婦してます。

夫が私との結婚を決意した一番の決め手は、「苦労を乗り越えてきた強さ」なんだって。それ聞いて、無駄な事って一つもないんだなって思った。
厳しいけど、今辛い状況で腐るのも、生かすのも、自分次第だって事を忘れないで


なすがままに…

人生なんとかなる


なるようになる。
なるようにしかならない。


なるよ。なる。
私がなったから。
チャンスをつかむタイミングを逃さないように待つ。


なんとかなるというより

なるようにしか ならない


なんのプランもなく人生の折り返し地点過ぎた頃だけどなんとかなってる

 

24歳にして殆ど叶うことない夢を追いかけながら、いまだにフリーターです。。

今年で25歳だし不安が襲ってきて夜眠れなかったりします(*_*)
親不孝だと分かってるんですが、でも夢を諦められないんですよね。


なるなる!!
なってもらわなきゃ困る!
トピ主さんまだ若いし大丈夫だよ!
近道は遠回りになる時だってあるんだから元気出して!

 

意外と何とかなる
ただ、行動は必要だと思う
その日その日に出来るベストを尽くしたら、後はリラックスして寝るだけ
人事を尽くして天命を待つ
考え過ぎない事が大切だと思います
ちなみに私は就職失敗→1年就活するも決まらず→派遣→派遣先で正社員に→職場結婚です
大丈夫、主さんも必ず収まる所に収まりますから!
あまり自分を追い詰めないように労ってあげてくださいね!


努力には、何かしら結果がついて来ますが
ぼーっとしていたらただただ年をとるのみなので
今をがむしゃらに生きることですね(*´∀`)


今は辛くても、生きていれば楽しい事がきっとある。
なんとかなる。


どうせ妄想するのなら不安の未来じゃなくて明るい未来にしよう

思い描けない未来は実現しないからさ


悩みの最中にいる時は、なかなかそうは思えないけど、でもなんやかんやで生きてきた。
みんなそんな感じじゃないのかな?と思う。

 

それこそ、引き寄せの法則じゃない?
ならないって思ったらならない。

なんとかなるよ。大丈夫。
まずは、小さなことからコツコツと。


騙されたと思って生きてみな。
いいことがひとつもなかったら責任とってあげるよ。
ただし、いいことかどうかの判定はこちらでさせてもらうけどねw

あんまり卑屈になりなさんな。


無駄だと思える時間が、人生の中じゃ必要な時もあるよ。

元カレとの別れで疲れ果てて、もう当分恋しないって思って、ゆっくり休養して傷が癒えた頃に旦那に出会えたから。

ダメな男と付き合ってたことも、無駄じゃなかった。


なるとおもいます!

でも、他人の力を当てにしないで、自分でなんとかしてやる!と強い気持ちを持つしかないかもしれません。

と、両親なし、癌を克服し、母子家庭で家を買い、余裕はあまりないけどまずまずの生活を送ってる私が言ってみた。


どうせダメだしって思ってる方が、世の中なめてると思うよ。

f:id:rockmanlife123:20171113202210j:image
なんとかなるよ
生きてれば
生きてさえいればなんとかなるよ

素敵な旦那にも
子供にも恵まれてないし
いい歳して転職して、年下の子に敬語使って仕事教えてもらってる
でも、テレビ見て楽しかったり、美味しい物食べたり、誰かと出掛けたりして、日常の中で少しだけ幸せ見付けながら生きてる
すごく幸せではないけど、生きてればなんとなく幸せな事がありますよ


生活できるお金を確保できる体があれば、
なんとかなる。なんとでもなる。


40年余り生きてきて もう、ダメだ もうこれまで、、

と何度かあったが 何とかなってきてるから これからも たぶんそう

良くも悪くも時間は無常にも流れ 良いものも悪いものも時は 押し流してくれる

だから生きてられる

 

何もしなければ
なんともならない
努力した上であとは運を天に任せるという状況でなんとかなるは使うべきね
人事を尽くして天命を待つ


自分を誰かと比べたり、自分に自分で理想を押し付けたり、そういうことをしないで、自分をちゃんと受け入れて前向きに生きていれば、なんとかなるもんだよ~。


24で結婚し36で旦那の浮気でつつ離婚。

44でリストラ(T_T)

それでも子供達大学卒業して、就職できた!

今50才、あと15年は働きたい!\(^_^)/
できると信じています!
ガンバる!


なんとかなる、ってずっとずっと思いながら生きてきたけど、もう疲れました。

何で、こんなに悲しくて惨めで辛い人生なんだろう、って毎日毎日不安感いっぱいで生きてます。

自殺する勇気もないから、とりあえず明日も仕事に行って、笑顔で接客しないといけないけど、もう笑顔作るのもしんどい。

給料貰って、家賃払って、生活費払って、ご飯食べて…。
確かになんとかなってるけど、いつまで先の見えない毎日が続くのか…と怖くなる。

暗くてすみません

 

なんとかなると思わないと生きていけない。

悪いことが起きても、辛いことが起きても、泣きたくなるようなことが起きても、

もう今は、人生なんとかなる、
いや『人生なるようにしかならない』
と悟り開いて生きています。

そんな29歳。昔より楽に生きられてます。

 

生きてさえいれば本当に何が起こるか分かんないもんだし
結局のところ勇気さえあれば出来ないことなんて何もないと思ってる


なんとかなるし 死ぬ時は死ぬよ
そう思って生きてたら楽


おもいます!笑
私は昔からまぁなんとかなるよー精神で生きてきました仕事はコロコロ変えるし勉強は嫌い時間はルーズだし側から見たらワガママだと思われていると思います。でも生きてます!

親がギリシャ日本ハーフと南米ボリビアの人です。ですから、もーテキトーです。
じぃさんからきいた話ですが南米の人は、仕事向かう途中に、雨が降ってきたらカフェに行って一息つくらしいです なぜなら雨だから!雨だよ雨濡れたくないでしょー?と言ってました笑
だから発展しないけど...ガハハと豪快な笑顔でw

日本ではありえない話ですよね〜

肩の力抜いてーなんとかなりますよー^ ^


人生には、何やってもうまくいかない八方塞の時もある。
自分ではどうにもならないことは時間が解決するのを待つ。
それでも希望を捨てずにいれば何とかなるものだよ。

 

思ってました。病気するまでは。


なんとかかんとか大きな病気もせずに
なんとかかんとか30年間生きてきた
すごくマイナスな考え方だし批判されるってことも分かってるけど
「死んじゃえばみんな一緒」って考えて生きてきました
今もその考えで生きてます
美人もブスも金持ちも貧乏人も偉人もレイプ犯も死ねばみんな一緒
そう思って「だからなんとかなる」って考えて生きてきました

変なこと書いてごめんなさい


なんとかなりますよ。
私の人生は親に本がかけるといわれるくらい壮絶?です 笑

でもね生きていれば日々変化があり、日々発見があります。
楽しい日もそうじゃない日もありますが、tomorrow never knows!!


涼しい顔して意外と頑張ってる

なんとかなるし、なんとかなるように何だかんだ頑張ってる気がしました。

意外と頑張ってた自分を誉めたくなりました。
ありがとう!