できない事や自信がないことは「しなくていい」んです。すぐに身を引いてできる事だけをやりましょう。

f:id:rockmanlife123:20240221215405j:image

検討に検討を重ねた結果 購入を決めたあかつきには 徹底的に使いたおす! これがモノを買うときの私の信条です。

買うからには モノの役目を全うしてもらいましょう。

 


どのひとも、

豊かで幸せな人生になることは

決まっています。

 


どんな道かが、

人によって違っているだけ。

 


あなただけの自分の道を、

不安を抱えながら進んでみてください。

 


災難にあう時節には 災難にあうがよく候
死ぬ時節には 死ぬがよく候
これはこれ 災難をのがるる妙法にて候

 


良寛さんのお話のように

 


「なんとかしようとしないこと」

 


も大切だったりします。

 

 

 

ただ、やってくる災難

ただ、やってくる悲しみ、苦しみ

 


それを「なんとかしよう」「解決しよう」

と、もがくのではなく

 


「ああ、悲しいなぁ」

「ああ、苦しいなぁ」

「ああ、大変だなぁ」

 


と、「ただ、感じる」

「ほう、そうか」と

ただ、受け容れる 。

 

 

 

「しかたがないねぇ」 と

ただ、受け容れる。

 

 

 

お金が人を幸せにすることはありません。

しかし、お金持ちが幸せであることは事実です。

なぜならば、人は幸せに生きていれば、自動的にお金持ちになっていくからです。

お金があるから幸せなのではなく、幸せだからお金持ちなのです。

 


お金はひとつの【人格体】である。

お金を愛しすぎて家の中に閉じ込めておけば、

お金は機会さえあれば出て行ってしまおうとする。

他のお金に、お金の持ち主がケチだから来るなと言うだろう。

逆に、価値のある所と良いことに使われたお金はその待遇に感動し、

再び他のお金を連れて持ち主を見つける。それがお金の本質だ。」

 


一番のベースは人を敬う気持ち、他人に喜んでもらう嬉しさなどがわかっていないと良い話は来ない

 


マスコミや世間の他人軸に惑わされず、自分が本当に欲することを満たし続ける人は魅力的に見えるから、人が集まり、結果運が良いのだ…と理解しました。

 


生まれつき持ってるものを信じること

 


「禍福はあざなえる縄のごとし」と言うように、わたしたちは幸運によって何かをつかみ、

不運によって何かを失うと同時に、幸運によって何かを失い、不運によって何かをつかんでいます。

 


幸運は、特別な人だけに訪れるものではありません。

誰にでもできるちょっとした意識の変革で、グンと引き寄せることができるのです。

 


自分を愛し、自己肯定感を高めていき、自分自身を寵愛した素晴らしい存在として認めてあげてください。オリンピック選手だから凄い、営業成績が1位だから凄い、とかではなく神秘的な存在として世界に一つ、銀河に一つ、宇宙に一つしかないくらいに稀有な存在として自分を敬愛してください。

 


できない事や自信がないことは「しなくていい」んです。すぐに身を引いてできる事だけをやりましょう。

 


自分が良いと思ったものは、とことん褒めちぎって、それに全力で「良い部分」を自分の中に取り入れていったらいいと思います。

 


「お金を有り余るほど持っていて行動している」、という事や「できない事はそもそもやらない」というペンギンちゃん作戦などをうまく活用してプラスのオーラで包み込んでいただければと思います。まずは「自己肯定感を徐々に上げて

宝くじを買ってみよう!」これに対して、そんな事、と思うかもしれませんが「そんな事からでいい」のです。とりあえず、出来ることからやってみてください。宇宙一素敵な貴方に幸あれ。

 


まず自分の心を豊かにしてゆとり、余裕がなければ、その隙間に「何も」入ってきません、入れません。

「問題がある状態を楽しむ」、「小さな行動を着実に繰り返す」、「人真似だと言われてもくじけずに続ける」

f:id:rockmanlife123:20240220131353j:image

「現実は注意力によって作られる」

・あなたの人生とはすなわち、あなたが注意を向けたことの総体である。人生の終わりを振り返ったとき、そこにあるのは注意を向けたことたちであって、それ以外の何ものでもない。

 


「選択肢は少ない方がいい」

・高みをめざして努力するためには、努力の対象となる何かに、比較的永続的な方法で腰を据えなければならい。超一流の弁護士や芸術家になるためには、まず他の可能性をすべて諦めて、法律や芸術を学ぶことに打ち込まなくてはならない。やりたいことを全部追い求めていたら、どれも中途半端に終わってしまう。

 


人生は短い。思い切ってひとつを選び、無限に広がっていた可能性を封印する。その一つに注意力を向ける。やるべきことをやる。今できることを積み重ねていく。それが自分の人生をいきるということだと感じた。

 


いつかたどり着く、あるべき姿、理想の生活を求めて、目標に向かい毎日を過ごす。しかし、いつまでたってもその理想の状態にはたどり着くことはない。何故なら、常に今より良い状態を理想とするからである。

 


タスクを効率よくこなすと、その分だけ新しいタスクがベルトコンベアのように運ばれてくるのが実情ではないか。

 


沢山の選択肢があるが、ほとんどの事には着手できないと認識したほうがよい。何事もしっかりと取り組むには、それなりに時間を必要とする。

 


レストランのメニューに例えるなら、美味しそうなものが沢山あっても、一度にすべてを食べることは不可能である。通常その時、最も食べたいものを選択する。

 


その時に自分にとって最適なことを選択する。その他の事は捨てる。

 


80才まで生きたとして、たったの4000週間しかない。限りある時間の使い方を見直したほうが良い。最悪、明日を迎えられない可能性もゼロではない。

 


時間が有限であること、未来の保証はないこと、いつかたどり着く理想の状態はないことを、まずは受け止める。

 


その上で物事を判断する。

大量のタスクをこなすことは諦める。

 


大切な今日1日である。

何か一つの仕事に取り組むのもいい。

ちょっと贅沢するのもいい。

家族とゆっくり過ごすのもいい。

何もせず、ただ休むのもいい。

 


本書を読んで、未来の為に計画的に過ごすのも大切であるが、毎日そのもの、日常そのものを楽しむことが重要ではないかと感じました。

 


人間は不安や焦りを感じる生き物なので、毎日の事を楽しめるということは一生のテーマかもしれません。

 


日が昇れば起きて日が沈めば眠る中世の農民の生活はゴールや競争がないもので、時間や効率化という概念自体がなかった。

 


産業革命が起こって農民が工場で働くことになり、労働時間を効率的に管理するようになってから、時間に値段がつけられ、時間を「使う」ようになった。

 


その結果、効率的、生産性、マルチタスクといった言葉が生まれ、時間の管理をするようになったという。

 


多くのタスクをこなせばこなすほど、期待値が上がって仕事が速いと評判になり、さらに多くの仕事が降ってくるという「効率化の罠」にはまっていき、時間は決して余らない仕組みになっているという考えはとても共感できた。

 


資本主義の成功者たちは、時間を有効活用して利益を生むための道具として使うことに躍起になるあまり、現在の生活を将来の幸福に向かうための手段としか考えられず、現在を楽しむことができないという意見も興味深かった。

 


将来の利益のために人生を道具化しない貧しい国の人たちは、現在の喜びを十分に味わうことができ、幸福度の指標が高いという話も非常に納得できるものだった。

 


また、「アテンション・エコノミー」という人々の注意・関心に値段がつけられ、SNSなどのコンテンツ提供者がそれを奪い合っている現代において、興味のないことに無理やり注意を引きつけられ、気づかないうちに時間を無駄にしてしまうことは本当によくある。

 


これが単に時間を無駄にして気を散らすだけのものではなく、「自分の欲しいものを欲しがる能力を壊してしまう」というのが何よりも深刻だと思う。

 


現代人は、常に不安と焦燥に駆られ、時間に追われている。

 


そんな中、どうすれば結果を未来に先送りすることなく、現在の行動そのものに満足を感じることができるのか。

 


本書では忍耐力をつける方法として、「問題がある状態を楽しむ」、「小さな行動を着実に繰り返す」、「人真似だと言われてもくじけずに続ける」ことをあげており、その場に留まって現在地をゆっくり楽しむことを提案している。

 


ほかにも、「他人と時間をシェアする」、「抽象的で過剰な期待をきっぱり捨てる」、「ただ目の前のやるべきことをやる」「ありふれたことに新しさを見出す」、「退屈で機能の少ないデバイスを使う」、「何もしない練習をする」など、限られた人生の時間を受け入れる色々な方法をあげているので、時間に追われて困っている人はぜひ本書を読んでみてほしい。

 


現実でない選択肢は魅力的に見える、と言う。これは、現実じゃないほうは欠点が見えないから。

 


準備をいくらしても快適な完璧な状態は訪れない、と言う。ほんとその通り。40年生きてそうだったし。だから何者にもなれないんだ。

 


でも著者は言う。あなたは今の状態であなたであるし、今の状態を生きるべきだ、今みえる、次にすべきことをすべきだと。

 


なぜかというと、すべきことを快適にできる状態は訪れない。だから、今、不安でも暗闇のなかで一歩を踏み出せと。それでも暗闇が消えることはない。絶望しろ。絶望できるから、希望があると。

 


『お金を増やすこと自体を目的にすると、ただの奪い合いになる。共有することはでけへん。僕らが確実に共有するのは未来なんや』

 


一人ひとりの消費者が、価格のモノサシを捨てて、自分にとっての効用を増やそうとしないと、生産者も消費者も幸せになれない。

 


幸せになってから、幸せと言えるのではありません。  まだ何も得ていない、ぜんぜん足りてない、何も叶っていない、何も達成していない、悪いことも問題も山積み。  そんなダメダメな今を「幸せ」と言えること。  未来ばかり見て、一生懸命、幸せのカケラを集めていたけれど、なんだ、すでに手にしていたんだ。  自分のなかに、幸せって、あったんだ。

 


「先に幸せになる」。そのココロは、「すでに幸せである」という事実に気づく、ということ。  これが、一番大事なのです。 「え?! これが、今のこの私が幸せなの?! そーーーなんだ!!」と。

 


やることというのは、キャッキャ言いながら楽しむこと。  やめることというのは、がんばること。  がんばることをやめて、キャッキャ言っていればいいのです。  そうしているうちに、いつの間にやら叶っちゃった。  勝手に願ったとおりになっていっちゃった。  僕の周りは、みんなそうです。

今が不幸でももう構わない~誰かが決めた基準の幸せはもういい!

f:id:rockmanlife123:20240218190648j:image

5年前に離婚の45歳、子供なし、毒親による迫害から絶縁して天涯孤独の身。

自分が想像している人生とは違ったけれど、今が一番私らしいのかもと思える

ようになった。特別なことを望まず、周囲と比較せず、静かに過ごす時間が増え

自律神経が安定してる。絶望、孤独を経てたどり着いた穏やかな幸せが今ある。

 


3年前、ずっと貧乏だった私は地域で一番高級と言われたマンションを購入しました。幸せと思ったのは一時だけでその後、虚無感に襲われ辛い日々が続きました。幸せってなんだ!改めて考えさせられています。

 


幸せに執着しない方が、

幸せに近づけそうですね!

 


私もいつか幸せになりたいと思っていました。でも、そのいつかとは永遠にくることはないのだと気づきました。幸せの青い鳥は探しても見つからない。今目の前にある一杯のお茶に幸せを感じることが幸せなんだと。

 


幸せとは一体何なのか、幼少期からお金の事で両親はいつもケンカをしていましたし、結婚してからも お金で苦労して、やっと少し余裕が持てるようになったら、それを維持する為にクタクタになりながら働かなくてはいけない状態で、今度は身体を壊すのでは?とか、毎日疲れから イライラで家庭がギクシャクしてしまうという状態です。決して、お金や物が幸せをくれる訳ではないと感じています。

 


仏教で言うところの、執着を去ると言うのに通じますね。この世的なものを捨て去ることで、本当の価値や幸福に気づくと言う意味です。

 


自分から出た欲がその人自身を苦しめると言うのは真理だと思います。

 


欲の放棄は一見諦めですが、そこから新しい価値としての幸福が始まるのだと思います。

 


「いつか幸せに」は「今無理をして」ということかもしれないですね。でもいつかなんてものは無くて、今が続いていくだけです。今を満たすように、今を遊ぶようにありたいと私も思います。

 


>幸せになる事を諦めたからと言って不幸になる訳ではない。

まったくその通りですね。

 


暗闇の中だからこそ、飾り物ではない本当の光が見える

そんな時代になるのでしょうね!

 


幸せについて考えたり、感じたり、語ったり出来る…それが幸せ。心臓発作で息ができない時、疼痛にひたすら耐えている時…人は思考を停止します。一息つけてああ助かった…それが幸せ。幸せはここにあって、そして人それぞれ。

 


幸せは結果ですよね

目指すものではない、ふと自分が幸せだと気づくことができる、それが幸せだと思います

綺麗事とかではなく、息をしていること自体が幸せそのもののはずです

それを忘れてしまうこと、自分は満たされていないと思ってしまうこと

それは私達の、一個人の「幸せ」というものの概念、捉え方が「本来の幸せ」とはかけ離れているから

"自分が考える「幸せ」が幸せそのものであると信じ込んでしまうから"、でしょうね

 


今が不幸でももう構わない~誰かが決めた基準の幸せはもういい!

 


「さんざん騙されてきた」私も同感です。「夢を持て」夢が持てないって悪いことなの?『今より幸せにならなくてはならない』『前向きな思考にならないと幸せになれない』そういった考え方に疑問がありました。

 


幸せになりたい!って強烈に思うほど、今を不幸だと決めつけている気がします。

若い頃、「一生一人でいいや。一人で生きてくもんね!」と突発的に実家を出たら主人と出会いました。不思議なものです。

 


人生楽しんだもん勝ち、というのも観念の一つですね。

諦めたところから別の次元が始まるような。

生を諦めたら、死を受け容れれば、逆説的に生が活き活きと始まる、と。

捨てたら入ってくる。

執着が無くなるから、かもですね。

 

 

 

私も誰かと結婚してしあわせになれる…

海外に来て、パートナーと暮らすようになっても、その幻想を抱き続けてきました。

でも、わたしにはその縁はないんだよな~

(占い師3人にあんたは一生独りと言われた)

 


自分の人生を受け入れて、一人でつつましく生きていく。

その選択肢のほうがスッと入ってくるし、合っているということに気づきました。

 


真理を話されていると思います。私も同じような経験をして、全てに絶望しました。でもそこからとても楽になった気がします。

 


考えないで生きてきたな、ただ、淡々と、目の前のこと、やってきただけ。簡単に、いきていきたいな。

 


やりたいこと、やっただけ。やりたくないことは、あまり、やらないで、いきてきた。

究極のアンチエイジングと予防医学は、人生を心から楽しむことだ、絶対に間違いない。 家族や友人とよく笑うこと、よく寝ること、やりたいことをやってること。貯金があればなお良し。

f:id:rockmanlife123:20240217084105j:image

人生は80年間の夏休みと考えたらいいのだよ。お金があまりなくても、かからない生活や遊びをする夏休みもok、お金を使って幅広い遊びをする夏休みもok、お金がないなら「お金作り」という遊びをすればいいし。

お金は、作るのも使うのも、いずれも遊び。

みんな、地球に遊びに来たんだぞー、忘れるな!

 


究極のアンチエイジング予防医学は、人生を心から楽しむことだ、絶対に間違いない。

家族や友人とよく笑うこと、よく寝ること、やりたいことをやってること。貯金があればなお良し。

 


①リタイヤして好きな趣味に没頭したりのんびり生きる人生

②社会活動が一番楽しいという人生

 
①なら運用資金1億円で年利10%とか。

②ならそのうち勝手に金か人か信用かは貯まってしまう。

 

 

 

ほとんどの人が無意識に、

①金>時間

②何かをすること>ただ今を味わうこと
という人生文化なんですね。


何か行動してたり、成果を目指してたり、手に入れたり、をしないと、

生きてる喜びや充実感を味わえない文化。

で、その先に、自由や幸せがあると思ってる。

NONO。それ、生涯手に入らないよん

 


女は学歴より教養と外見と愛嬌。
 男は結婚したら他人になる。
 子供は可愛いが、生き甲斐にしてはだめ。
同意。しみじみそう思う。夫は義家の人間だし。
なんだかんだで最後はお金。
夫より子供より、自分自身を軸にして生きる方が良い。

 


世間の人達は色々言ってくるが、誰も私の人生の責任は取れない。だから悩むのやめた33歳。

 


今年50歳になります。
30代40代なんてまだまだ若い。何でもできるよ!
私は昨年末で長年やった接客業を辞めて、事務系の仕事に転職しました。
この歳からでも新しいチャレンジってできますよ!

 


32歳
世間でいう幸せ、多数派の生き方・考え方に沿って生きても必ずしも自分が幸せになれるわけじゃない。
自分の幸せは自分のセンサーだけが教えてくれる。

 


世間に流されず自分の意思をもって
自分を信じて生きてる

 


ラカン
失敗は成功したら途中経過になる
諦めなかったら成功する
どこまでやり続けたら成功するかわからないから、途中でやめてしまうんだよね。
途中でやめてもまた再開すればいい、と、この歳になったら思える。

 


“人と比べる”というのは厄介で、人生のコストパフォーマンスを非常に悪くします。

 


他人と比較して、
「くそっ、俺だって!」
と奮起するのは、若者の特権。
中年世代のモチベーション、残りの人生を走破するためのガソリンとしては、燃費が宜しいとは言えない。
若い頃と比べ残り時間に余裕がないため、そこに割く時間や気力の“勿体なさ”が相対的に増すからです。
40代の我々には、もはや贅沢なのだと悟りましょう。
当面、ご自分に関係のないことは、徹底的にミュート(消音)するのがお勧めです。
肝心なのは己、自分に集中することなのだと繰り返し心の中で唱えましょう。

 


「全ては“なりたい自分”になれず、“自分らしく”生きることが出来なかった、『終わった人間』の世迷言」

 
裏を返せば、「なれた自分でやっていく」ということ。
失敗した、要領が悪かった、それで良いのではないでしょうか。

 


決して、思い描いたような人生でもないし、今現在「なりたい自分」になれているわけでもありませんが、“なれた自分でとりあえずやっていく”をモットーに、そこそこ機嫌よく生きている次第です。


諦めたら人生変わるよ。

諦めたらいい。
人の期待に応えることとか。
思い通りの人になることとか。
ちゃんとした人になることとか。
嫌われない人になることとか。
諦めたらいいよな。笑。

 

◉この世界で生きることは苦行ではなく、遊びなのだ。シンプルに賢く生きてさえいれば。
◉わたしの生き方には、少なくともひとつの利点がある。それは自分の生活そのものが娯楽であり、常に新鮮だということだ。
◉わたしを従わせようとするなら、わたしが頼っている原理より高い原理を持ってこなくてはならない。
◉わたしが森へ行くことにしたのは、死ぬときに、自分は本当の意味で生きてこなかったと思い知らされるようなはめにならないためだった。

 


日本は何でも年齢で見るじゃない?名前の横には(年齢)がいつも付いてて、学校でも社会でもその年齢の時にやるべきことをやらなかったら落ちこぼれみたいな扱い
でもそんな風習を逆手にとって、この年でこんなことやってるよ!みたいな人が注目されたり、最終的に幸せになったりするのも事実
ステージなんて、飛び超えたっていいし、戻ったっていいし、今の場所広げたっていいじゃん

 


自分で考えて、自分で全て判断してエイヤとお金を投入して失敗すること

自分で動く過程で身に付けた「経験」にこそ価値があるのだ。

 


君の人生だって君だけのユニ ークなものだ 。磨き上げれば必ず輝きを放つ 。人生を諦めるな 。腐るな 。他人と比べるな 。言い訳せずに究極の人生を己の手で作り上げてみろ。言い訳してたら何も始まらねえ 。

 


人はいつか幸福になれる、、、、コマーシャリズムがもっとも喜ぶ哲学です。これを買えば幸福に、、、これをすれば楽しくなる、、これを着れば輝く、、、これを食べれば健康に、、、いつしか私たちは幸福になることに疲れてしまうものの、きっとそれが幸福なんだろうと思いつつ、齢を重ねていく人のなんと多いことでしょう。幸せになろうとすると騙されるし、最後には自分すらだましてしまうこともある私たち。思い切って幸せになることをあきらめてみる、、その時、これまで見えなかったものがもしかしたら見えてくるかもしれません。目の前の現実がきちんと見えてくる。良いと思っていた人が本当はそうでもなかった、、、毛嫌いしていた人が本当は良い人だった、、、そうわかるだけでも、今後の人生がつまらなくもなるし、楽しくもなる。色々なことが見えてくれば、自分自身も見えてくる、、、幸せになることをあきらめたから不幸になるわけではない、、、幸福を求めたから幸福になれるわけでもない、、、今、もっている幸福、今の自分と出会った喜び、、、すべては幸せになることをあきらめたあとにやってくる、不思議な現象。

「何にもしないでのうのうと生きてください」 「自分の評価が下がるのを受け止める勇気。」 この一言に尽きるな、と感じました。

f:id:rockmanlife123:20240216100219j:image

いつか自分も死んじゃうんだ。
やけっぱちな意味では無くて、その現実を思えば、遠慮するのが本当アホらしくなる。
生きている間に、この世界でやりたいことはやる。
味わい尽くす。
笑う時間をうんと長くする。
それが多分、腹をくくるってことなんだと思う。

 


自分の好きなものをコレクションするように
美味しいお店を食べ歩くように
新しいゴルフクラブを買いたくなるように

それを「学んでる」と思わずに、「遊んでる」って思ってみてね。
そしたら「学んでるのに」という気持ちは消えていきます。

すると 身につくんです(^-^)

 


自分の不安のために
循環するものを自分のところで止めよう(所有しよう)とするから

エネルギーもお金も物も回らず
自分のところにも回ってこない、という悪循環。

 


何かをあきらめると、何かが終わり、
そして、何かが終わると、何かが始まる。

はやく、今の自分をあきらめよう。
だって、そうなんだもの。

だってダメだもの
だって弱いもの
だってできないもの
だって嫌われてるもの
だって変わり者だもの
だって、バカだもの。

それが自分だもの。

 


「変化」を信じるのです。さあ、立ち止まっていないで、「変化」に向かって歩き出しましょう。

 


「自分はこうならなければいけない」「こういうことをしなければいけない」などとあせる必要はありません。だいじょうぶ、そのときが来ればやりますよ。心配ない。このままでいい。楽にしていればいいんです。

 


人生を変えるようなことや心に残っていることって、がんばるとか努力の先にはなくて、好奇心とかインスピレーションの先にあったなぁ

 


大胆になってください。 怖がっているもの、心配しているもの、経験してください。 そうすれば、恐怖、心配に所有されなくていいのだと分かります。

 


あのね、器をいっぱいいっぱい使いそうなものは、早々に捨てるのw

捨てるっつーか、器に入れないようにするのw

 


心のエネルギーが極度に低下すると、人は誰でも自殺願望を持ってしまいます、いくら休んでも休みにならない、状態だと思います、GYAOの無料映画アプリで映画などを鑑賞する事をオススメします、心の栄養を三倍から五倍取らなければ回復しません

 


「分解→再構築」したんだと思っています。何かを生み出す、生まれ変わらせるためには一旦壊れる事が必要なのかなと。

 


体弱いのに無理な生活をおくってきて心身にガタがきて、今やっとゆっくり過ごす機会を得たけれど、失った健康は戻らないし、大切な子供との時間も戻らない。 

若い頃の自分に言えたら言ってあげたい。 

体に無理なく人と比べることもなくゆっくりと過ごして体と家族を大切にして過ごせと

 


自分を苦しめ、ムチを打つ事で、人は変われるわけでは ありません。 力を抜く事、人に助けを求めること、自分を許していくこと、 これが重要です。

 


情報が溢れるこの時代にたくさんの情報を求めて、歯を食いしばり肩に力を入れて生きてきました。

人生を楽しむならそんなに力まなくていいこと、花を飾って自分を整えればエネルギーはスムーズに流れること、楽に生きるヒント全てが詰まっているように思います。

 


以前のわたしには人生が険しい地獄の上り坂にしか見えていなくて、「明らかにレベチな強敵に絶えず襲われるし、頂上に何があるかもわからないのに、ここを通るしかないのか…」と絶望していた感覚に近かったと思います。敵の倒し方も、険しい山の登り方について調べても「レベル上げで自分を鍛えよ!」に行きつくのに、自分のレベルは全然上がらないし、人生をスタート地点ガチャに失敗したクソゲーみたいに捉えていました。この本を読んで捉え方が変わると、「よく見たらこのルート以外にもゆるやかで楽しそうなルートがあるな。アイテムやヒントの収集も楽しいぞ?もしかしてこれ、敵を倒しながらゴールを目指すゲームじゃなくて歩く過程を楽しむゲームだったのか?」という気持ちになりました。(たとえ下手ですみません)

 


まだ成功者じゃないから、頑張る。 まだまだ… まだまだ! よりも

 
今から成功者♪ 楽しく生きよ♪ 今はお金ないけど笑 い、ま、は!!!笑 ⬆︎ こっちの方が、どう考えても楽しい笑

 


どうでも良くなって

楽しく生きればいいや

死にたいくらいなら、金なくなってホームレスになってもいいから 、好きに楽しく生きよう 。

 


「みんな」という言葉に惑わされてはならない。「みんな」はどこにも存在しないし、「みんな」は決して何もしてくれない。

 


お釈迦さまとお釈迦さまの弟子たちは、人々が捨てたものを食べ、木の下で寝て、「私こそ幸せだ」と言っていました。なぜなら、貪らず怒らず智慧を持って、一瞬一瞬、充実感を味わいながら生きていたのですから。

 


もしその道がオッケーなら
必ず道は拓けるし
もし
NGなら、
ちゃんと天が止めてくれるから。

 


勝手にこうやって生きるべき!って決めてる…って衝撃です。 幸せな人生を生きるべき! 楽しい人生を生きるべき! って決めてるかもしれないです。 不幸で楽しくない人生もありじゃん?って思えたらなんか笑えました(笑) どんな人生もあっていいんだぁ~って通勤中に泣きそうになりました。 なんで幸せで楽しい人生がいいって思うんだろ?って考えたら、なんか楽しそうです。

 


「何にもしないでのうのうと生きてください」 「自分の評価が下がるのを受け止める勇気。」 この一言に尽きるな、と感じました。

大体の人は「現状から手の届く場所に行く」くらいのことを繰り返していくしか無いと思いますし、それはキャリア形成だけでなく、自己同一性を確立していくプロセスにおいても同様です。

f:id:rockmanlife123:20240212000305j:image

人は幸せになるためではなく、宿命を果たすために生きる


お金が目的なんじゃなく、目的はあくまで元気になること。

元気に毎日を生きること、明日を生きる活力を得ること。

もっと言えば

「今、頑張ってるなぁ俺、私」

って思えること。

 

お金稼ぐんも大事やけども、そこがゴールではないやろう?

 

もちろんお金稼ぎのノウハウ的なところがメインではあるから

みんな「お金を稼ぎたい」「お金を稼げば解決する」と思ってうちに来る。

 

けども、やらない。行動しない。そして俺は気づいてん。

 

みんな、ただ元気に毎日過ごしたいだけなんやと。

「そのためのお金稼ぎ」という位置づけなんやと。

  

これを以前の僕なら「なんでやらんねん」「やれや」って行動させてました。

 

けど、今はもう違う。

 

もちろんお金を稼ぐのは大事やし、ある程度は稼がないといけないけども

俺はそのために必要なおまえらの根本的な悩みを解決してやりたい。

相談に乗ってあげたい。話を聞いたげたい。

 

お金を稼げただけじゃ幸せに直結するのかというとそうでではなく

現実事実に対する意味づけと解釈で人生は決まるってことを

教えてあげたい。

 

どうせ人間死ぬし、それまで元気に生きてくことが大事なんやで。

 


なんでもいいから何かひとつでもいいから前向きに頑張って取り組んでみるってことをして欲しいなって思う。

その頑張るプロセスで、きっと「あ、僕でも私でもできるやん!」って思えるし自信につながるからな。

そうやって、0→1を達成すれば勇気も持てる。

また前に進もうと思えるんよな。

その元気こそがおまえの人生を支えてくれるんやで。

一緒につかみにいこう!

それぞれの正解を探してくことが大事やと思ってるねんな。

 

 

 

モノの「活用」と「メンテナンス」は、ワンセットです。  モノを使っているからメンテナンスできるし、メンテナンスしているから使える。使っていないモノは、メンテナンスできないのです。

 


芸風とは最大の資産と制約

 


最後に、今の状況で先を見ても何も見えません。見ようとするだけ時間の無駄です。どうせ明るい未来なんて絶対に見えないのですから、見ることを止めてしまえば良いです。1日ボーッとしてて良いのです。

 


今、将来が不安で5万円を貯金しようとしているのなら、自力で5万円を稼ぎ、自分と社会のために使ってみてください。そうすれば必ず、あなたの生活は豊かになっていくはずです。

 


もう問題があるふりを、問題を解決して、難しい顔をして生きることが真剣に生きることだとか思ってた人もいると思うけど、関係ないから。  もうヘラヘラ笑って生きてください。

 


愚直に毎回基本練習を積み重ねれば、その道の達人ができあがるその道で成功している人は、毎回何か新しいこと・違うことは、何もやっていない当たり前のことをし続ければ、その道で成功、またはトップ10%に入ることができる時間は勉強の成果に影響を与える一番重要な要素である一流選手の華やかな表舞台の裏では何倍ものトレーニング、努力をしている他人がなかなか実践できないことを実践するから価値がある少しの時間と労力、お金を投資して、毎日コツコツ勉強を続けていけばいいあなたが、確実に成功する方法を選びたいのなら、一般解を選ぶ必要がある

 

 

 

生産的な行動を無意識に落とし込めば、自動的に生産的活動を行うようになる反復勉強、反復練習をしないで、その道の達人はできあがらない他人の3~5倍の量多く勉強や練習をしないと差別化できないある分野の知識・スキルを伸ばしたければ、その分野に時間・労力・お金を注ぎ込む少しだけ抜きん出れば少しずついい仕事がまわってくるようになる

 


自分の上限を上げるには、今までやったことがないような時間の使い方、お金の使い方をするということだ。

 


お客さんにいいことっていうのはね、売り手、作り手にとってみんな不便なことなんですよね。(中略)その不便さをどう克服するかということ。これができるか、できないかですね。

 


「悩み・苦しみは、目の前の現象を否定し、受け入れないところから生じている」

 


頭の中を書き出して「見える化」するやるべき作業と忘れる案件に仕分けするやるべき作業の中で優先順位を付ける自分がする作業と他の人に任せる作業に仕分けする他の人に任せる作業を依頼する自分がする作業を淡々とこなす

 

 

「何者かになる」というのが自分を構成する箱の中身を埋めていく行為だとしたら、やはりそれは事実の積み重ねによって構築しない限りは脆弱なままだと思います。

 


目の前に降りかかることを楽しむように心がけていたら、いつの間にか自分だけのポジションに到達してる

 


大体の人は「現状から手の届く場所に行く」くらいのことを繰り返していくしか無いと思いますし、それはキャリア形成だけでなく、自己同一性を確立していくプロセスにおいても同様です。

「『休む』は意志の賜物で、『頑張る』はむしろ惰性なのです。」

f:id:rockmanlife123:20240208025202j:image

ラクタとは、ズバリ「執着」です。今ではなくて、過去や未来に執着してしまう。その結果生まれてくるのがガラクタです。


ラクタがあるということは、自分が成長したということの証だからです。


いらないものを後生大事に持っているのは、必要な時に必要なものを与えてくれないのだろうと、天に向かって不信のメッセージを送るようなもの

 


楽しく豊かで気持ちのいい暮らしには、清潔な環境が欠かせない――だからやっぱり、掃除も欠かせないのです。

 


生きる苦しみは、一瞬で消すことができます。 それは、流れに身を委ねればいいのです。 頑張って泳いで勝ち取ることをやめて、奪うことをあきらめて、流れに身を任せた瞬間、頑張る必要も努力する必要もなくなります。 つまり、貴方が進化をし始めるのです。 ありのままの貴方を受け入れたら、後は楽しむだけです。 力を入れずとも、流れてゆきます。

 


現代人は概念で暮らしています。情報にあやつられ、テレビやパソコン、携帯電話など画面に映るものを信じます。顔を合わせて話すのではなく、用事をメールで済まそうとする。そのほうが少ないエネルギーで済ますことができます。そもそも声を出すのはエネルギーを使うので、面倒に感じるのです。  そうじもエネルギーを使います。面倒だと思わず、からだを動かし、ほうきを動かしてください。概念では得られない、清々しい空気がからだのなかに入ってくるでしょう。

 


毎日、誰のためでもなく、ひそかに、そしてきちんとそうじをし、日常生活を全うすることが「陰徳」なのです。

 


人生で一番経験値が高いのは「今日」  経験は、日を重ねるごとに積み上がっていきます。  悲しいことも辛いことも、楽しいこともいろいろ経験をして、自分の中で息づいています。  つまり、毎日必ず成長しているということ。

 


短時間労働で効率良く働き、最適に手軽においしいものを作る暮らし。常に片付いている清潔な室内で、楽しい運動、楽しい娯楽、そして愛らしいペットと一緒に暮らす

 


で、思いだしたのが、そうだ! 人生をあきらめたのに、なんで悩んでいるの?! と気が付いたのです。

悩まずに本当に好きな事する = 楽しい

 


全てを諦めて「何もできないダメな自分で生きる」ことを決めてからの方が、「生きてる」って感覚があったのが不思議でした。

 

頑張って自力で修行(雑行)してきたけれど、『上を目指す』という執着からであった。それを棄てて、仏さまの願いにまかせて力を抜き、私にできることをさせてもらおうと心を決めた

 


再起をかけた一発逆転マインドを捨てる

向いていない仕事を徹底的に避ける

 

「『休む』は意志の賜物で、『頑張る』はむしろ惰性なのです。」