何でプロフェッショナルがいいとか、極めたらいい、続けなきゃダメ、結果出さないとダメとかって風潮になっちゃってるんですかね。 原始人みたいに食べて寝て、歌歌って踊ってていいんですよね。

f:id:rockmanlife123:20221127062733j:image

引きこもることは、私にとっては「選択の結果」になるわけです。自分の意志で家にこもる道を選んだわけであり、私のような集団の中にいることにより生じるリスクを避け、メンタルが安定する選択をしてきた、というわけです。


私のような「内向的」な人間が、引きこもりという選択肢をえらびつづけてきたということ。
その結果として、私は40代になるまで独身で実家暮らしをしているのですが、その結果として人生で遭遇したかもしれない悩みや苦しみを避けることができたという点で、本能に従って生きてきたわけです。

 

「私は引きこもりです」と言ったら、「あなた大丈夫?」とか「いい年して情けない」というような批判も受けますが、私は私なりに必死に自分を守ってきたと思っています。
自分の弱い部分がはっきりとわかっているので、人との距離の取り方に苦心しながらも今日まで、生き抜いて来れました。


私自身も年を重ねたことによって、私と出会う年少の方々が私にある程度のリスペクトを示してくださるようになったことが、若いころと明確に違う点です。
今私はとても充実していて、それまでの引きこもり生活は無駄ではなかったと思っているのです。

 

 

 

新たな挑戦のために、時間を確保し、エネルギーを適切に注入するためにも、これまでの習慣、行動の中から、捨てるものをリストアップしないといけません。

 

 

 

適切な食事や休暇、趣味や運動などで「気」を養っていかないと、生きるエネルギーとしての「気」は消耗していく一方。元気がなくなると、病を患い、いずれ死に至ることになります。

 

 

 

養生訓の答えはストレートです。心を穏やかに、怒りと欲を抑え、憂いや思い煩いを少なくし、自分を苦しめない、ということです。

 

 

今もパートナーを得るという夢は叶ってないけど、もう頑張らなくていいし、夢を途中で諦めてもよいと「今」の私が1番安心する「がんばらない」選択をして過ごしています。

安らかに、心豊かに居心地よく…そんなことが何よりも大事だったと「今」は思えます。
身体も喜んでいるのがわかります。

 

 

 

わき上がった感情をそのまま認めること」を基本とします。「しんどいなあ」と思っているとき、不器用な自分をチクチク責めたり、つらさの矛先を身近な誰かに向けたりして、最終的に「もっとしんどくなる」という悪循環を引き起こしがちです。しかし、実はそんなときに一番大事にしたいのが、苦しい気持ちをただ認めることです。どんなに居心地の悪い感情であっても、必ず意味があってわき上がっている。その意味をすくい上げ、自分で、自分の味方になってやる。こんなふうに、感情と柔らかいスタンスで向き合うと、不思議とお腹の底から力がわいてきて、そばにいる人に対しても優しくなれるものです。

 

 

 

 

「お金があれば」は結局逃げだったんだなって気づきました。

ものを増やしてつくった自信を崩すのが怖いから必死に物やお金や愛を増やそうとして 満たされない。

ここでも足し算の女でした。笑

増やすことが目的だから、自分が本当に好きなものがわからなくなるし、好きなものを選ぶのが怖いんです。

びくびくしながら自分が気に入らないものは捨てて、好きなものだけ選んでいきます。

 

 


何でプロフェッショナルがいいとか、極めたらいい、続けなきゃダメ、結果出さないとダメとかって風潮になっちゃってるんですかね。
原始人みたいに食べて寝て、歌歌って踊ってていいんですよね。

豊かな無駄を楽しんで のらりくらり生きていきますよー。

f:id:rockmanlife123:20221125204146j:image

ただ大元のエネルギーを意識して、レイキエネルギーに命じるだけでいいのです。手をお腹や頭に当てる、または「誰それに流れていきなさい」とただ示すだけです。自分は「エネルギーの方向指示器」的な役割だと思ってください。

 

 

 

エネルギーとは軽やかなら、長く、高く高く天まで届きます。  お願いごとは完了形で「こうなりました」というと、そこには執着と囚われの心があるので、エネルギー的には重くなり、伸びやかにしなやかに飛ぶことができないのかもしれません。 「こうなったらいいなぁ」という、空想に近いほうが、軽やかに宇宙に吸い込まれて叶うのです。そうして、ときに忘れるくらいで構いません。後になって、「あのとき、わたしはこんなふうに思ったなぁ。それが実現したのだ」とわかることが、とても多いのです。

 

 

 

「人生が詰んでしまった」と思っても、ちょっとよそ見をしたり、生活のパターンを変えたりするだけで、詰んでなかった自分に出会う可能性がある。
恋人も友人もいなくても、自分が描いていたような理想の人生を送れなかったとしても、絶望することはない。自分の境遇を嘆く暇があるなら、自分が惨めに感じない環境作りを模索し続ければいいわけだ。

 


いかにそのままで気持ちよく生きられるかを考えよう。周囲と違っている一人者の自分でも、自由で幸せな人生は送れる。

 

 

 

37歳からです
他人に、いい意味で期待しなくなり
自分にも、いい意味で期待しなくなり
マシ
って日本語は雑で良くないイメージだけども
betterって考えると、これで今のところはいっか
(^ ^)と
満足できる自分になってきた時

 

 

 

 


お金は暮らせるだけあればいい。花も生き物も愛でられる心の余裕の方が大事。40過ぎても悪くない。真剣に楽しんでゆくことに目覚めたから。

 

 


まわりの人が自分より
恵まれていると感じられて、
気持ちが沈む時期が
誰にでもあると思いますが、
私の場合は
全員に負けました!と
1度開き直ることで
吹っ切れて正直になれました。
今は負けるための
カードが揃ってきています。
すぐに競争から降りる
準備をしています。

 

 

 

豊かな無駄を楽しんで

のらりくらり生きていきますよー。

「足りていた」のに「足りない」気がしていただけだと気づけきました。

f:id:rockmanlife123:20221123000333j:image

もう気楽に生きることに決めた。
向上心とか努力とか必死に頑張ってた時もあったけど、全部報われ無さすぎてすり減ってしまった。
もう頑張りたくない。疲れた。
仕事もテキトーにやって、食べて寝て、ガルちゃんやって何となく生きていく。そのうち死ぬんだからさ、もう良いじゃない。何も考えたくない。

 

 

 

消化試合なんだし、法を犯さない程度に今まで経験した逆を経験してみては?60代になったらまた考えましょう。

 

 

 

自分の存在価値が無くなるのが怖くて、周りから評価されない自分になるのがたまらなく嫌で
必死に頑張って自分の価値を作り出そうとしてたことを思い出します。
わたしはありのままで十分に価値がある、この世にたったひとりの存在というだけで、誰とも比べられない価値があるって気づいてからは、頑張ることに執着しなくなりました。
だってそれってただの自己満足だもん

 

 

 

人生はほどほどに頑張って、手を抜けるとこは抜いて、余計な人間関係は切り捨てられるものは捨てて、のんびり生きて行くのがいいよ。
うちは親が早くに亡くなったし、友人も病気したり、いろいろあったから本当にそう思う。
心も体も健やかでいるのが一番。

 

 

 

もう来た道より行く道の方が短いんだなぁと気づいてから、好きなことだけして生きていきたいと思った。無理して今の仕事続ける意味ないし、子供といる時間削ってお金稼いでも仕方ないって思ってて、収入減っても、もっと楽な仕事に変えて子供といる時間を増やしたい。

 

 

 

人生楽しんだ者勝ちですよ
人はいつかは死ぬ、その先はみーんな同じなんだから、こういう言葉がある
「幕が降りると王も道化師も同じおもちゃ箱に入る」

 

 

 

閾値が下がってくれば感覚は敏感になるので 、小さなことの変化にも気づけるようになります 。やり慣れた作業や何気ない生活の中に面白味が見つかるのです 。あなたの脳の閾値を下げてみましょう 。何か発見があるはずです

 

 

 

 


私も10年、無活動でしたよ。40になって一念発起して、親交のある人といると自分の境遇を比べてしまう器の小さい私は、周りの人間とは縁を切って再出発しています。この世界でやって行けるかわからしまへんけど、30代の時がウソのように活動しまくりです。ここまできたら捨てるものはありません、失敗したとしても後悔はしない人生にしたい、とだけ思ってます。 

ふつうの人生とは違う時間の使い方をしてしまったのだから、ふつうの人達と比べてもしょうがないですよね。島倉千代子の♪人生色々♪ですよ。色々な人がいて、この世の中は多彩になっていて、ふつうでない強烈な色を発している人達なんじゃないですか?私達って。

 

 

 

死ねない理由
・死ぬよりは今(ニート)のほうが楽
・生きていたら何かいいことありそう

この二つだけが今の俺を支えているw

 

 

 

会話で違和感を多々感じたり、相手の言葉や態度で「なんか関わると疲れるな~」とか価値観や常識が合わない上にそれが「そういう考えもあるのか!」と視野が広がる感覚では無く「はあ?」と思うようなストレスになる人とは距離を置く。
合わせようとも合わせて貰おうとも思わない!

 

 

 

身軽で気軽が1番。

 

 

 

RPGにもさ、人によって攻略の仕方、進め方はいろいろあるわけじゃん?ひたすらレベル上げする人、レベル上げはそこそこでとにかく話進めてく人、ミニゲームしたり寄り道多い人。

好きなようにしたらいいんだよ。ミッションはクリアできるかできないか、だけでなく、ミッションに挑むかどうかも自分で決めていいんだよ。完全クリアなんか目指さなくていい。自分なりのエンディングを目指そう

 

 

 

「足りていた」のに「足りない」気がしていただけだと気づけきました。

 

 

 

遺書も遺言書も書いたのであるならば、もう支度はできたし、捨てるものはないわけですから、あとはひたすら、自分の足の赴くままにさまさまなことをしたらいいんじゃないですか? どーせクズなんですから笑
人生、開き直りって必要ですよ。早く開き直って、他人の目を気にして生きるのではなくて、自分のために生きる、力を注げるようになるといいですね。

 

 

 

死ぬ時にもっと長い時間会社にいればよかったと思う人はいない(統計的事実)
さっさと帰って有意義に過ごしましょう。40歳

 

“自分のしたいこと”ではなく“人生が自分に求めてきていること”を見つけて取り組んでいけ、それが、私たちが生きる意味を実感しながら生きる道だ、とフランクルは言います。

f:id:rockmanlife123:20221122001056j:image

どっかでスイッチが入って
進もう、ってなるときもある。
過去に私もどうでもよー状態から急にスイッチ入ったコトがあるから。どっかにある。

 


たまには開き直るのも必要よ〜!
中途半端に心で「やらなきゃやらなきゃ」って思いながら何もできないより、「もう何もやってやんねぇ〜」って全部手放したほうが意外と前に進めたりする!

 

 

 

 


最底辺か!じゃあ、あとは上がるだけだね!!
ってのは、明るい陽の光を浴びてる人が言うセリフだよね〜。
最底辺ていうのはさ、普通の地面と違って、足をとられる泥沼だと思う。
もがけばもがくほど沈んでく底なし沼かもしれない。
そこから1つだけ上の底辺まで行くのにも時間も気力もかかる。
だから、のんび〜りやってこうぜ。
まずは、美味しいもの食べて飲んで腹満たしてからだな。

 

 

 

 


40代。自分にも他人にも完璧を求めなくても良かった。
適当にやってたほうが幸せになれたかも。

 

 

 

確かに 流れに逆らうとうまくいかない 今までずっと流れに逆らって逆らって溺れながら生きてきた気がする 誰も助けてくれないって思ってたし 自分のことも友達のことも家族すら信用してなかった 流されていいんだって思ったら なんだかすごく楽になりました ずっと流れに逆らって生きてゆくのはしんどいですね 少しずつ自分を周りを信用できるようになろう♪ そして流れのままにしあわせの波にゆられて生きて行こー♪

 

 

 

 


ただ時間が過ぎるのを待つ。
ってのは、
 
とっても贅沢な時間で。
 
意識してやると
とても自分を潤わせてる感覚になる。
 
自分を大切にしてるってやつだ。

 

 

 

“自分のしたいこと”ではなく“人生が自分に求めてきていること”を見つけて取り組んでいけ、それが、私たちが生きる意味を実感しながら生きる道だ、とフランクルは言います。

 

 


この人生には、よくわからないあいまいなことがたくさんある”ということを覚えておいて、チャンスが訪れるのを辛抱強く“待ち続ける”ことです。


自己実現する心の姿勢をおろそかにし、劣等感から「理想の自我像を実現すること」に努力するのは、運命に逆らっていることである。  向上心とは、自分のできることの中でがんばることである。自分のできないことをしようとして、無理するのは向上心ではなく劣等感である。

 

 

 

でもその人たちが幸せかどうかは全く別問題ですよ。
マイナス喰らうかもしれませんが、私がまさにそういう人ですが、生き甲斐もなく毎日疲れてくたくたで、生きる意味が分かりません。
仮に私がお金も美貌もある超人気芸能人とか、石油王の第一夫人とかでも、同じように無気力だったと思います。
結局自分て、生まれながらにして幸せの器の底に穴が開いてるんだろうなあ。
他人と比べず小さなことに感謝して幸せを感じられる才能がある人が最強だと思います

本当に欲しいもの、自分にとっての豊かな生活を手に入れるために、それまで「必要」と思い込んでいたものを少しずつ「やめる」ことを選択するようになりました。

f:id:rockmanlife123:20221121093316j:image

ひとは生きてると

「なにもやりたくないとき」

って絶対ある。

 

 

そういうときは

何かやらなければ!

って思わず、

何もやらなくていいマヨ。

 

 

長い人生、あとから振り返ってみたら

何もやらないときなんて

一時的なものだからね。

 

 

だから、そういうときは

遠慮なく休んでいいマヨ。

 

 

どうせ、今から

どんどん成長していくんだから

たまにはゆっくりしても

バチなんて当たんない。

 

 

石につまづいて倒れたからといって

10年も倒れてる人なんていないからねw

 

倒れてる事自体がしんどくなるので

いずれ立ち上がるww

 

本当に欲しいもの、自分にとっての豊かな生活を手に入れるために、それまで「必要」と思い込んでいたものを少しずつ「やめる」ことを選択するようになりました。

 

 

こだわりを捨ててスライムのようにだらーんと柔らかく流れながら生きていく

自分の人生が、正解か不正解かなんて、言ってしまえばとても簡単で「笑顔かどうか」です。 「自分も相手も笑顔なら正解」です!

f:id:rockmanlife123:20221118232545j:image

 

そのどん底や挫折は、その人に応じて与えられている苦難である」

 

 

 

1 昔のままの生活へのこだわりは捨てる。

2 会社とか、自治体、国家に頼らない。

3 頼れるのは、自分と家族、そして仲間、友人しかいないと考えて、自分の付加価値(できること)を高めていく。

 


今まで何かをやり続けて積み上げてきたものが崩れてしまった人だから味わっている落差だ

 

 

 

楽に生きる」ことより、屋久島の縄文杉のようにひねくれて「味のある人生を生きる」ことに意味があるのだと考えてみてください。

 

 

 

困難を避けて通るよりも、自分からぶつかっていってみる。そして、困難から救ってくれた人に感謝したり、同じ境遇にある人への思いやりを持ったり、今日を生きていることに感謝したりと、そういう人生のほうが正しい生き方ではないかと思うからです。

 

 

 

「人生、楽ありゃ、苦もあるさ」。これが普通、当たり前。

 安定志向でどん底から逃げ回るよりも、立ち向かって苦労すれば、その分、人生を豊かにしてくれます。楽だけ求めるのは、人生をつまらなくさせてしまいます。

 

 

 

もう背伸びして生きるのはやめましょう。等身大の自分で生きることです。

 そうさせないようにしているのが、「世間体」とか、「見栄」です。

 さっさと捨ててしまったほうが楽しい人生になりますよ。

 

 

 

暇にしてくれているのは、「種蒔きする時間を天がくれている」からです。そう素直に思って行動すれば、必ず芽が出ます。そのときまで決してあきらめないことです。

 

 

 

奪い合わなくても、あなたは無限に生み出せる創造主なのです。  ですので、競争ではなく、創造だけに意識を向けるべきです。それがあなたを一番手っ取り早く成功させてくれます。豊かにし、お金持ちにし、財産を築かせてくれます。

 

 

 

自分が応援している人やチームだったり、とても愛を感じる人などに、上手にお金を使って下さいね。そして、たくさんの人たちを豊かに、幸せにしてあげて下さいね。そう、託せる人にお金をあげるのです。それが実りのある投資です。

 

 

 

思考を捨てて、無心でそこに意識を集中することで、本来の自分の能力は最大限に発揮されるのだと思います。

 

 

 

成功のコツは、思考ではなく、真心です。  これは、あらゆるものに共通したものなのです。  縁も、思考で何とかできるものではなく、神様(本来の自分)次第なのですから。

 


今の環境を眺め、観察してみるのです。  幸せだと感じるところがどこかにあるはずです。そこに意識を合わせてみましょう。どんどん幸せだと思えることが増えていくはずです

 

 

 

だから今度は、本当に私らしい夢を思い描いてみようと思うの。  世のため人のため、私は何ができるのか、本気で考えてみようと思うの。  私は多くの人達の役に立つことができるのか。私は多くの人達が便利で価値があると思えるものを提供することができるかどうかを。  でも、その夢を叶えるためにはどうすれば良いかと方法を考えることはしないよ。  それは神様(本来の自分)のお仕事だものね。

 


空いた空間には、またすぐに同じようなものが入ってきて、空いた空間は埋まると神様は言います。  しかもそれは、少し良くなった状態で入ってくるというのです。

 

 

自分の人生が、正解か不正解かなんて、言ってしまえばとても簡単で「笑顔かどうか」です。 「自分も相手も笑顔なら正解」です!

 「どん底」の状態にあっても、あきらめずに這い上がろうと努力することです。めげずに努力し続けていれば、そのうち、世の中が変わります。状況が変わります。

f:id:rockmanlife123:20221117225451j:image

「月歪むにあらず波騒ぐなり」という歌があります。水面に映る月がゆがんで見えるのは波が立っているからです。月そのものはゆがんでいません。  私たちが出合う多くのことは空にある月のようなもので、それをゆがめているのは私たちの思い込みや欲などの波だというのです。

 

 

 

「結果がどうあろうと、やりたいからやっている」と覚悟する勇気をもつのです。執着を捨てた心で物事にあたったほうが、心はずっと穏やかでいられます。

 

 

 

「後悔の本質は、〝やってしまったこと〟や〝やらなかったこと〟にはありません。後悔の本質はやった時、やらなかった時に、心の底からやろうと思ったか、あるいはやめておこうと思ったかだけなのです」

 

 

 

目の前にやるべきことがあれば、結果を考えず、とにかく全力で挑戦する。あとはぼくたちの体と脳に染み込んだ40億年の知恵がどうにかしてくれます。

 

 

 

「神様の力で出会わされているのだから、頼れるときには頼りなさい。困ったときにすぐ相談しないと、後で取り返しのつかないことになって後悔しても、知りませんからね」

 

 

 

 魂の成長は、生きていくなかで起きるさまざまな出来事についての判断を、自分自身で下し、人生を切り開いていくなかで起こる。

 

 


「理不尽な目にあわされるのは、それこそがその人に与えられた人生のテーマを見つけ出すためなのだ」ということです。その結果として命を落とすことがあったとしても、それは天寿を全うしたことになると思えたのです。

 どん底のときには、よく「生まれてこなければよかったんだ」、「生まれてこなければこんな目にあうこともなかったのに」と考えてしまうものですが、この世に生まれてきたいと思ったのはあなた自身だから、この世にいます。

 

 

 

なぜ不況がやってくるのかですが、それは、「今までのやり方はもう通用しませんよ」というメッセージを伝えるためです。

 

 

 「どん底」の状態にあっても、あきらめずに這い上がろうと努力することです。めげずに努力し続けていれば、そのうち、世の中が変わります。状況が変わります。

 

 

辛いとき、嫌なときは、とにかく時間が経つのが遅く感じられてなりません。

 それは誰だって同じです。

 そんなときは、今日一日をなんとか乗り切ることだけを考えてください。マイナスのことを考えそうになったら、さっさと「食べて寝る」のです。この繰り返しで月日は過ぎて、あっという間に十年なんて過ぎ去ってしまいます。

 「時間は味方になる」ようにできているのです。