人生にゴールなんてないんだなあ

文章をうまくかけるようになれたらいいな。そのまえに書き続けることなのだろうけどな。質より量。量より質。どっちなんだろう。どっちもだろう。量書いていくしかないということだ。それしかできないし。凡人なんだし。それにたかが自分、たかがブログじゃねーか。なにも気負う必要なんてねーんだよ。テキトーに書き散らせばいいんだよ。別に誰も見てないんだし。人気ブログじゃあるめいし。

あるめいし、で思い出したけど、ケツメイシって今どんな感じなんだ?後日調べてみよう。


ふと、
人生にゴールなんてないんだな、と今日思った。言ってしまえば今いるところがもうゴールみたいなもんで、目的だってもう俺にはない。いくべきところも、やるべきことも。人生の目的なんてない。世界を救わなきゃいけないわけでもないし。会いたい人がいるわけじゃない。人生でやりたいことリスト100なんてものも作ろうと思えばムリクリ作り出せそうだけど、そんなことをしなくてもいいや。べつに。
むりやりやりたいことなんてもうないのさ。

言うなれば、

この終わりなき日常を繰り返していくことがやりたいことだろう。

そして、それがなかなかムズカシイのよ。淡々とした毎日が思っている以上にムズカシイ。むずかしくしているのは自分自身だろう。


その日々むずかしく、固くなっていく自分を意識してほぐしていく必要があるとツクヅク思うよ。こうやって文章を書くのも精神にいい感覚はある。なにかをはき出している感覚がある。それはいい気分だ。


ゴールのない人生。終わりなき日常。どこがゴールで、どこがスタートなのか、もう俺には分からない。分かったような気分のときもあったがそれは昔のことだ。今の俺にはもう何がなんだか分からないよ。

だからこそ、今を精一杯生きろ!ってことでもあるんだろう。

しかし、もう精一杯生きるってのも飽きたんだ。

歳をとって疲れたということかな?
もうなんていうか、余裕みたいなものがほしい。休みや遊び。気楽に気負わず日常をすごしていきたい。がんばるとか、精一杯とか俺はもういいかな。そういうのはもっと若い人がやればいいと思う。


というか、そんなこと言わずとも、すでに俺自身精一杯なのだ。
だからだろうか、常に余裕をもってやりたい。100%の力を使うことはもうしたくないかな。出しても70くらいがいいやw


なにはともあれ、「日常」ってやつは人それぞれまったく形は違っている。それぞれの「日常」をうまくやりすごしてほしいと願う。

そんな、マジにならないでいこうぜ。いい大人ならさ。
大人には遊びをもってほしい。粋でいてほしい。俺はそう考え願っている。


あ、そうそう今日は農家の人と話していて、メロンって漢字で書くとどんななの?という話しになった。

ので、スマホで調べてみた。

メロンを漢字で書くと → 甜瓜  

甜という字の意味が分からないので調べてみた。

甜[音読み]テン
意味:甘い。うまい


ちなみに
スイカは西瓜
カボチャは南瓜

微妙に気になるので、後日また色々調べてみよう。

 

台風五号が接近している。みなの無事を願う。明日が本番だ。