いきラク

生きるのを楽に

オールドルーキー

生き物は、いつか必ず死ぬ。遅かれ早かれ死んで、その後は死にっぱなしなんだから、生きてるうちは恥も外聞もなしに、自分のやりたいようにのたうち回って必死に生きればいいと思って、今生きてる。
命燃やすぜ!と仮面ライダーゴーストになりきってる息子から教えてもらったこと。

 

 

汚い話で申し訳ない!


1ヶ月振りにお風呂入ったら3時間かかった。
頭も体も3回洗った。ものすごくスッキリした。
なんかスースーする(笑)
鬱でずっと寝てた。久し振りに明るい所で鏡見たらあまりに髪も肌もボロボロで凹んだ。
せっかく産まれてきたのに、大切に出来なくてごめんと自分で自分に申し訳ないなって思ったら泣けてきた。

 

 

人生運って60代の父から言われました。
運?じゃあ努力しても意味ないじゃないって思っちゃうけれど、それは違うと。
父の同級生、大企業にお勤めでしたが会社が倒産して50代で無職に。でも、今までの努力のおかげで他の会社にこの年齢でも引き抜きがあった。
運によって無職になったけれど、努力によってよってチャンスを掴むこともできた。
先のことは運次第で分からないから、悲観せず、期待もせずにいて、今この場所で努力して未来に良いチャンスを掴む備えだけはしておきなさいと。未来に良いことがあるかは分からないけれど、運ならもう期待しても仕方ないし、過去を悔やんでも、人を羨んでも意味ないやって思いました。私にはどうにもならないもの。努力しても報われるとも限らないし。
今生きてるなら、それでもういいです。

 

 


求人見ててもこんなに仕事あるのに自分にも出来そうな仕事が1つもなくて乾いた笑いしか出てこない。
選り好みじゃなくて出来る仕事がない。
介護ならすぐに雇ってもらえて正社員にと話がきたけど、人間関係のストレスはもちろん人の生き死にを目の当たりにして体重は激減、挙句腰と肩をやられて退職。
何年も続けてる人から見たらただの根性なしだろうけど、すぐ感情移入してしまって周りに引っ張られてしまう自分は、家族も会いに来ず人生諦めたようにただただ食事を与えられて排泄の世話をされてる利用者を見てるのも辛すぎた。
そりゃみんな長生きはしたくないと言うよねとしか思えなかった。


みんなへ。

「今」が「結果」ではないよ。
結果は何年も後に出る結果論。
良くも悪くも、変わらないものなんて世の中には一つもない。

今を結果にしないで。
ずっと頑張らなくていいから、
瞬間にだけ向き合えばいいから。

どうなるかなんて、後で考えればいい。

 

アラフォー独身で子供なし、恋人なし、無職。人生詰んでると思うけど
若いときから先のことは考えないようにしてるので気は楽だよ
さびしいとか、孤独死はいやだとかいう感情はすでにない。無心

 

 

占いで「あなたは大器晩成型!!」ってのを信じてとりあえず65までねばってみようと思った。今はこんなだけど、老人になったらなんかいいことが嵐のように…!根拠なんてないが。

 

なんかさ、日本って「この年齢ならこうあるべき」みたいな縛りがあるよね。それぞれの年齢に応じた理想的な生き方というか、お手本にすべき人生というか。そこから外れると、途端にクズっていう扱いになるよね…

 

 

竹原ピストルのオールドルーキーって曲
ピースの又吉がテレビで紹介してて

『何度でも立ち止まって
また何度でも走り始めればいい
必要なのは走り続けることじゃない
走り始め続けることだ』

という歌詞があって、立ち止まってしまった自分を
何年もずっと責めてばかりいたんだけど、少しずつでもまた走ってみようかなって思えたよ