いきラク

生きるのを楽に

楽に生きる方法が必要になるよね、これからはさ。

私、最近は自分の身体がどこまで柔らかくなるかにチャレンジしてる。

他人に神経使うより自分に使うと良い。ヨガとか筋トレとか共通してるんだけど、

自分の身体って全然コントロール出来ていないんですよ。小さな筋肉の動かし方、呼吸、目線だけでこんなにも違う!とか他人の評価気にするより自分に向かえて楽しいですよ。

 

 

 

未来が定まっていない以上、全ての絶望は勘違いである。というような言葉を小説で読んでいいなぁと思った。たまに自分で勝手に物事の結果や相手の気持ちを想像して落ち込んでしまうけど、無駄な時間だなと切り替えられるようになった。なるようにしかならないし、必要以上にくよくよしなくていい。

 

 

 

1.生きることに意味なんかないことを知る

2.誰かを基準にして幸せになったり不幸になったりしない

3.誰も私のことなんて1日のうち1秒も考えていない

4.あれこれ言う人がいたとして、その人の言葉は全く無責任だ
その人の言う通りにしたところでミスしたら自分の責任、でも成功したらその人のおかげ

ええい、好きに生きよう

 

 

世間体を気にしないで自分がやりたいことや好きなことを優先して生きていくこと。
みんなが憧れるお金持ちで華やかで何でもこなす優等生人生を歩んでも他人は気まぐれに嫉妬したり褒めたりうらやましかったりするだけで、自分がやりたいことやって心が充実しなきゃだめだよ。
自分が納得した生き方してたら世間や周りの評価や意見は無視してもいいよ。迷惑かけるのはだめだけどね。
例えば私は子供産まない人生を選んだけど、それによって周りからかわいそうって目でみられることやうざい忠告も多々あるけど、お金はかからないし、自由に自分の時間使えるし、何より責任もなく気持ちが楽だから、ちょっとくらい批判されてもしょうがないなと思えるくらい心に余裕がある。
今までの人生、学生時代は受験、大学卒業後は就職活動、入社しても働きづめでこれに子育てと家事が加わったら倒れそう。
がるちゃんみてても子供いないと世間体は悪いらしいけどこの気楽さは一度味わったら手放せないよ。
本当に自分が望んでることなら無理しても叶える価値あるけど、世間体のためだけだったらあきらめよう。

 

 

毎日、色んな事があるけど、家帰ってご飯食べて、ある時、ふと生きるってこんなもんか、こういうもんなんだな、って腑に落ちた時があった。
毎日が楽?ではないけど、気楽な部分は生まれた気がします。結局、苦肉の策で生まれた悟りみたいな感じだった(笑)

 

 

自分が肯定される場所を選ぶ。環境大事。

 


どんなに長い付き合いでも環境が変わると相性が悪くなることがあるので一緒にいて疲れる人間関係は思い切って離れると楽になれます。自分の心を一番大切にしたい。

 

正直言って、ものやお金じゃ幸せになれない!!
お風呂やスーパー銭湯があたしのオアシス!!
と割り切ったwww