今にくつろげばいい

信じる力=待つ力

鏡は先に笑わない。
こちらが先に変えるんじゃよ。

あなたの「現実」を見て
現実より先に笑いなさい。
鏡は先に笑わないのだから。

現実とは違うことを信じる必要がある。

現実とは違うことを想像すればいい。

想像とは、現実とは違うことを好き勝手に思える奇跡の能力。


余計なものを経なくても
むしろ余計なものを経なかった分早く到着する。

「どうありたいか?」の実践
何もしないことが夢なら今すぐなにもしなければいい。

幸せを感じるために、宝くじはいらない。
お金もいらない。理由なんてなくても気づくだけで「それ」は今すぐ感じられるはず。

僕は、よく世間で言われるような前向きに考えて生きることが立派だとは思えないからです。むしろ重要なのは、後ろ向きのままでも生きていくしぶとさを獲得することではないでしょうか。

「いやだ!」という力を使って、「死」とは逆側に飛ぶことを考えたほうが良かったと思うのです。

自らを尊しと思わぬものは奴隷なり by夏目漱石

合理化はゆとりや遊びの空間を消して、むしろ人を遠ざけることになる。by手塚治虫

時間や手間のむだを嫌い、学習の便利を追求すればするほど、結局、学習そのものの効果が薄くなる。by吉田武

好きなことという縛りを与えず、スキルと知識の形成を優先する。
すると、そのスキルが次のレベルでより心の向かう先へといく自由を与えてくれるというわけです。


好きなこと想像するようにしなさい。嫌いなことを想像する時間を減らしてな。

まちがえて信じてしまったことが多すぎる。

「ない」ではなく「ある」を探す。
身の回りの充足を探せ。
「なりたい」なんて叶えて、なにが楽しい?
「なれている」が夢なんじゃない?

「金持ちになりたい」じゃなくて
「金持ちである」と勘違いして

そうじゃ、どの道、全ては勘違いなんじゃ。

「幸せである」と感じるのも
「不幸である」と感じるのも
その本人のただの勘違いじゃ。

不足を見れば、永遠に「なりたい」を夢にしてしまう。
もちろん、「なりたい」は叶い続けるが

お前の夢は「なれている」なんだろ?

じゃあ、「金持ち」さえも経由せずに「今、幸せである」とその場で感じればいい。

「いつか」を求めると、苦しくなる。
「今」にくつろげば、もう幸せ。

いつかの幻想を捨てて、今を楽しんでみましょう。
「いま」には、全ての「いつか」が含まれています。

「すでに私は持っている」

「イーンダヨ!」


おまじないが効くのは、その仕組みを理解できない時だけ。
お前の表層意識の理解力を超えた時、おまじないは効くんじゃ。

笑いが起きるのは、「私」が笑った理由を説明できない時。

神社=感謝のコンビニ

目の前の現実に意味はない

「感謝の心」を忘れて苦しんでおる。

お前はこの場所にいるだけで完全に役割を果たしている。
その場で今すぐ、くつろぎなさい。


くつろげれば、お前が望んでいる役割は全て「ここ」にやって来る。


君はもう、君なんだから
君には君の「役割」がある。

そのままでかけがえのない「あなた」なのに。

 

広告を非表示にする