いきラク

生きるのを楽に

まあなんでもいいかぁ

人間というのは、すぐに惰性に流されて感覚が麻痺して
自分のいる場所や自分のやっていることの変さに
気づかなくなるものだ。

旅でいったん日常をリセットして距離をとって振り返ると
普段の生活のおかしさや行き詰まりや
もしくは、なんでもないようなことが幸せだったことに気づく。

人と話をするというのは、生きる上でとても大事なこと。
というより、それ自体が人が生きているという目的なんじゃないかと思う。
人は人と会話することで、生きていくことができる。
なにかを生み出すことができる。

ひとりで考えることも大事だけど、だいたいそれは出口が見えない。
出口が見えないのはきつい。
それわかるよ、と言われるだけで割とすっきりする。
別に何も解決していないのに。

 

そう、解決しなくても、人と話ができればスッキリして、生きていける。
人間うまくできているものだ。
お互い「今日はいい話ができたな」と思えば
気持ちが晴れ晴れして、きっと何かをはじめられる。

 

突然転がりこんでくる出会いも、結局は自分次第なところがあります。
自分の行動次第で出会いは増やすこともできますし
チャンスを手に入れる瞬間は人と関わっている瞬間です。

新しい出会いは、人を通じて新たに出会います。知らなかったことも、人から話を聞くことで知ることができます。

 


人と出会ってコミュニケーションを交わすことそのものにあります。
人間ほど勉強になるものはありません。
出会うことで新しい考えがどんどん加わり、器がますます大きくなります。
人に話かければかけるほど多くの人と関わりを持つことができます。

 

 

勉強のためには遊べばいいのです。たくさんのネタを持っている人は、それだけよく遊んでいる人です。自分の興味のある分野で思い切り遊んで楽しみ、それを通じて得た知識で話を進めているということなのです。

楽しく遊んでばかりの毎日が続き、「これでいいのかな」
と思っている人が、いつの間にか
遊びを通じて勉強ができています。たくさんのネタを知ることができているのです。


都合の悪いことを他人のせいにしても
結局、「つまらない人生を送る」という
もっとも重い責任を自分でとらされることになります。

現在の自分が何点であろうが、つねに上だけを向いて歩いていけばいいのだ。

後悔ばかりの人生であろうとなかろうと
あなたは死ぬのです。だったら、やりたいことがある今こそ
トコトンやればいいじゃないですか。
死ぬ気で生きてみればいいじゃないですか。
やりたいことをやったもの勝ちでしょ?

頭の中で過ぎた過去を悔やんでいる暇があったら今すぐにでも外に出て行動すればいいんですよ。

 

なにかがほしいと思ったとき、
自分にはそれが足りないのではなく、むしろ過剰に執着しているのではないか?
と考え直してみてください。

何一ついいことがないという人は
実は、何もかも欲張っているのです。


まぁいいかと気楽に行こう。


考えても導き出せないなら諦めて投げ捨てちゃうほうが楽ちんだなって思った。

 

結局この人生なんて一回こっきりだし
今の世の中ってクソまじめに生きるより、少し適当に生きた方が楽かも。
真面目に生きると生き苦しい。

 


他人とくらべるからダメなんだよ。
せっかくこの世に生まれたんだから、美味しいものを食べて、楽しい趣味を見つけて
エンジョイすればいい。

 


ゲームも漫画もスポーツも、アイドルの追っかけも
オタッキーな趣味も、夢中にさえなれるんだったら
それは全部大事なことだ。

周りになんか妙に冷めている奴いるだろ?
何かを作る人は、あれじゃダメなんだよ。
夢中になれるって、一番大事なことなんだから。

自分が「これは夢中になれる!」って思うものがあったら、
それは全部やったほうがいい。
なりふりかまわずやったほうがいい。


夢中っていうのがなぜ大事なのかっていうと
夢中はどんなものにも必要なエネルギーだからなんだよ。
十分に夢中にさえなっていれば、
人の作ったものを楽しむときは「感動」が手に入るし
自分で何かを作るときには「アイデア」を生む燃料になる。

逆に夢中がない状態で何をやっても、そんなのは空っぽで何にもならないんだ。


人生は最高のテーマパークだぞ。自分さえその気なら、この世界には遊んでも遊びつくせないほど面白いことがたくさんある!