なにより成長よりも楽しいを優先。
成長するぞ! とか
努力しなきゃ! という意識高い考えは取っ払いましょう。
技芸の向上は積み重ねた時間を比例します。


膨大な時間こそが、あなたの財産。
外で働く気がない者は、昔の貴族の様に
時間をかけなければ習得できない技芸と、
その技芸を起点とした人脈を作る事を心がけるべきである。


要は時間を小銭に変換するのではなく、時間をスキル、人脈、知名度に変換する作業を行うべきであるということ。

あなたは望みが高すぎます。どうか地道に行動してください。単純に作業量や内容がキャパシティを超えているだけかもしれません。ハードルをもう少し下げて調整してみてください。グダグダしている様に感じるのは、あなたの旅路に一里塚が存在していないからです。
努力は二の次で構わないので、自身の観測方法を確立してください。

 

たまたま、あなたは機会に恵まれなかっただけで、あなたが誰かに対して劣っている訳ではありません。宝くじに当たらなかった事に対してコンプレックスを持つ必要はあるでしょうか。

 

 

 

面白い&役に立つコンテンツ。人に会ったら楽しませる。
一定以上にスキルを身につけて、個人でファンを獲得できたら、ネットでファンを作ってみたら?

 

 

人間が「知人」と見なすのは、「接触回数が3回を超えてから」である。
礼儀挨拶というのは、貴重な接触機会なので大切に使いたい。
年賀状や暑中見舞いでも構わない。探りを兼ねて試みる事を推奨する。


「全くレスポンスが無ければどうしよう?」

と考える方もおられるかもしれない。
レスポンスが無いというのも、こちらが入手出来た相手の情報なので悩む必要はない。

付き合いを継続するか否かは、あなたが選択するべき事柄なので。


また、そういう「型」を無意識にい覚えるには、毎回変化のある違う問題をするより、
同じ問題を繰り返すほうが効率的です。

基礎は無意識に落とし込むほど反復してこそ、本当の土台になる。
基礎は常に更新、あるいは再構築されるものである。

 

 

 

広告を非表示にする