読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々なユーチューバーがいるね

はじめ社長の動画が久しぶりにアップされた。活動を開始されたようだ。

しかし家に牛糞を大量にアマゾンから代引きで送りつけられるとか最悪だな。
人気者になるというのはそれだけすごいことだし、その分大変なことになるね。

家に牛糞届くて・・・(;´Д`)


昨日ユーチュウブで「好きか嫌いか言う時間」のユーチュウバー特集を見た。

子供がなりたい憧れの職業の3位にランクインしていた。年収はピンキリだけど、すごい人は億行くとかなんとか、すげぇ。すごいっていうか、もうそこまでいくとお金をどう使っていいのかさっぱり想像つないなぁ。年収億稼ぐってもう、意味不明の次元だね。


人気ユーチュウバーのヒカルさんという方は色々面白い取り組みをされていた。
お金をたくさん使いみんなの疑問に答えていくというもの。見てて普通におもしろかった。
その中でも面白いのが、
宝くじ100万円分買ったら、果たしていくら当たるのか?

というもの。

まず宝くじを100万買うのがすごい。それを動画で見易く編集されていて楽しめた。
結果は22万当たった。二割ほど還ってくるっぽいね。これからもどんどん色んなことに挑戦していただきたい。一等を当ててほしい。で、そのお金でまたいろんなことに挑戦してほしい。

テレビでは、ヒカルさんのような企画は通らないらしい。スポンサーとかコンプライアンスの関係で。ここが今ユーチュウバーの活動の面白いところでもあるのだろう。テレビではできないようなことができるという。


また彼のおもしろいことはユーチュウブにこだわっていないことだと思った。
彼はテレビの番組内で、「ゆくゆくは深夜番組のMCをやりたい」と言っていた。
「欲しいのは発信力だと」

ユーチュウブは行けると確信していたらしく、以前やっていた会社で作った2000万(この時点ですごい!)を投資して編集者をやとって活動しはじめたらしい。
この経営者視点がもうすでにおもしろいよな。

しかも年齢がまだ25歳、非常に若いし、冷静沈着でいろんな視点から物事を見てられる。これからが楽しみな方だと思った。

 

また同番組内で最年少&最年長ユーチュウバーの紹介がされていた。

最年少の方は15歳。高校一年生になったばかりの女の子だ。
15歳の子は新商品を紹介したり、夏休みの宿題を一日で片付けるチャレンジだったりの動画を投稿している。チャンネル登録数はすでに15万人だそうだ。すごいなぁ。
やはりそこまでくると動画の広告収入が入るらしく、お金もいくらもらっているか気になるところ。司会者がそのことを聞いてみたら
「お金がいくら入ってくるかはよく分からない。管理はママがしている」ということだった。
お金がほしくてやっているというよりかは、ユーチュウブに動画を投稿することが素直に楽しいのだろう。青春だ。

ちなみに家のおかずが少し増え豪華になったそうだ。期待している訳ではないだろうがママは助かるのだろう。

 

そして最年長の方は御年85歳のおばあちゃんユーチュウバーだ。
ゲストの人が「ユーチュウババア」って罵っていた(笑)

しかしそんな罵りにもどこ吹く風と気になさっていない様子で、「ゆーちゅうばーちゃん」と自己紹介。とてもユーモア溢れるかわいらしいお方だなと感じた。

活動内容は「さかさ歌」というもの。

歌詞とメロディをさかさまに歌い上げる

それを録音して再生すると

あらびっくり、しっかりと聞き慣れた曲が聞こえてくるのだ。


これは一度見ていただきたい。


やっていることはヘンテコなことではあるが、たぶん難しい。
とにかく見てて不思議な気分になる。

さかさまに歌っているところは「これなんの曲だ?」と頭にハテナマークが浮かぶだろう。
しかしそれを逆再生すると、これはあの有名な曲だったのか!!と驚きとスッキリ感が訪れる。

 

さかさ歌はもうかれこれ20年はやっていて

この不思議さと楽しさを多くの人に知ってほしいんだって

 

そんなおばあちゃんユーチュウバーには夢があるそうだ。

「ニューヨークでオファーがくるまで活動を続ける」

ぜひがんばっていただきたい。


夢があるのはいいことだな。生活に張りが出てくる。

 

これからもいろんなユーチューバーを見ていたい。

 

あ、おれのおすすめは「すしらーめんりく」さんです。こんどまた改めて紹介したいと思いますが、今日はこの辺で。


ノシ