いきラク

生きるのを楽に

無理して恋人を作らず、まずはさみしさを癒やすことからはじめるのです。
一人の女性に寂しさを癒やしてもらおうと必死になると
女性にも負担がかかり

結果的に女性との関係も気まずくなりがちです。多くの女性の友人を持つことからはじめていくと女性に迷惑や負担をかけることなく

また自分も楽しく、女性の友人と交流しながら自分の中のさびしさをゆっくり癒やしていくことができるようになります。

友達をたくさん作る。経験上、これが一番の得策だと思いました。

 


\\\\\\\\\\\\\\


わたしに似た人へ


若い頃は自分と似た人を探して安心しようとしてた。

でも今思えば、自分には理解できないようなことを息をするように考えたり

やったりしている人にもっと興味を持つべきだったよ。

 


それで

「あっ、それもアリなんだ!」っていうのを

もっとたくさん目の当たりにしてたらね


自分に似た人に自分を肯定してもらうのを待つよりよっぽど、自分で自分を肯定できてたんじゃないのって思います。

 


なぜ友達の数を増やすのか

友達の数を増やすことについて抵抗感がある人もいると思います。


「私は少数の深い友達がいればいい」

それも良いと思います。


しかし友達の数が少ない人は、その数人の友達に全てを求めてしまいがちです。


私も割とそうでした。


自分の全てを知っていて受け入れてくれてずっと好きでいてくれて

いつでも遊んでくれて、メールもくれて

長電話もできて、愚痴も聞いてくれる友達。

 

しかし、人は変わります。結婚で変わる人も子供ができて変わる人も。

転勤などで否応なしに遠くなる人も。

この世からいなくなることも。

 

だから私は大人になってから新しい友達を作り続けることに賛成です。

 

また大事なのが世代が違う友達です。

これは学校では作ることができにくい種類の友達です。

友達の数というのは「自然減」があるのっで、自分から増やそうとしない限り減る一方なのです。

 

 

ひと昔前なら、結婚していなくても、子供がいなくても

男は仕事さえ頑張っていれば、社会的に承認されていた。

“会社”というコミュニティが男性のアイデンティティを支えていたのです。


でも、今や会社というコミュニティそのものが気薄になっている。

仕事が男性のアイデンティティを支えてくれなくなったことが、迷走を生む一番の原因なのかもしれません。