春風の剣 電光石火の剣

超絶怒涛の疾風迅雷

せっかくもらった人生、せめて残りの時間だけでも自分らしく生きようって。
私は今心からそう思っています。逆に若い時にもがき苦しみ続けたからこそ遅咲きでも輝けるのかもしれません。

 変化することが大事なんだ。少しずつでも、時間が立てば、その積み重ねで、だんだんと本当に変化していきますから。無理する必要はありません。今から少しずつ始めてください。
刺激や痛みを受け入れるような行動もしてみてください。

すぐ辛くなるのは当たり前だと思って、悲観しない。挫折しても、前を向いて淡々と行動をしていきましょう。

絶対に重要なことは「自分を許す」ということです。何度失敗しても、自分を許すことができれば、早く立ち直りますし、すぐに前向きになります。すぐに次の行動に移せます。

失敗はします。必ず。その失敗を自分自身でどう捉えるか。
今が0として、明日が1になるように頑張ればいい。それを意識すれば、
一週間後には3になり、一ヶ月後には10になり、一年後には50になる。

 

一方、絶対にやってはいけないのが「他人と比較すること」他人と比較するから劣等感を感じます。他人と比較すると、今の状況が0ではなく、マイナスからのスタートだと感じてしまいます。


自分自身が自分の敵になってはいけない。つまり、どんなときでも自分自身は自分の味方でなければならない。ということです。


自分を許す。自分を受け入れる。自分を好きになる。
これがとても大事だと思います。できるだけそう考え、意識しました。
それに伴って、自分の人生が本当の意味で好転していきました。

それだけ、自分を受け入れられるかどうかは大きな影響があると私は考えています。

 

たくさん経験してみる。イベントに出まくったり、本を読みまくったり、触ったことのないツールも沢山つかったし、
「こんなの、自分の歳からやる意味ない。」

とか考えずにガンガンいろいろやってみた。
そんな毎日を送っていたら、

ついに、出会ってしまった・・・・

 

出会いと会話のネタが広がるからネタを手に入れることが出来るという視点。
資格にチャレンジするときも、新しい出会いの場に足を踏み出すさいにも、結果はともあれ
話のネタが入手できるというメリットを常に意識しています。

新鮮なネタを手にするためには、洞察力や好奇心を常に働かせる必要があるので、おのずと感性や知性が磨かれます。

そして、ネタをアウトプットするために、誰かに会いたくなるような気力と行動力も向上していくわけです。

今ある条件を使ってできることがいくらでもある。


20代のころの貯金なんて人生の面白さに変換されなかったら死に金。

30歳で自殺したあいつの貯金額は300万円だった。もったいない。
死ぬ前に使ってしまえば良かったじゃん。

ほったらかしにして、遊びの部分を残す。


人生は暇つぶしだと思ってから急に自分が軽くなって、新しいことをどんどん始められるようになった。たかが人生おどらにゃそんそんである。

どうせ劇も始まったことだし、思い切り舞台の上で暴れてみようか。

オプションを持って「あえて」という感覚で取り組むことの強さがそこにあるような気がする。


自分の自信の核になっているのは、勝ったことではなく、負けを受け入れ、そこから立ち直ったこと。


勝負に負けたことくらいで傷つかなくなったことである。
人生は長く、勝負は無数にある。負けない工夫より、負けにふてぶてしくなるほうが最後は強い。


柳のように受け流しとけ。